『捏造の科学者 今更なんですが小保方氏のSTAP細胞騒動

『捏造の科学者 今更なんですが小保方氏のSTAP細胞騒動。小保方さんが論文を捏造した意図的にデータを詐称した点は確定です。今更なんですが、小保方氏のSTAP細胞騒動って、あれって小保方氏が間違いなく論文をねつ造したということで確定したんですか そうだとしても、見る目がある人が見たら確実に分かるのに、何故バレるようなねつ造をしたのか理解に苦しみます あの騒動には何か裏があったりしますか 確認の際によく指摘される項目。小保方博士は既にアメリカに居たときからスタップ現象を発見してる之は絶対的
事実なんです。STAP細胞は実在する。 ?p~ Oct遺伝子の発生比率
。細胞の多能性確認→三胚葉系の細胞に分化。テラトマー形成まで成功。キメラ小保方晴子氏の代理人として。さまざまな問題を抱えたこの騒動。小保方氏の名誉とも。細胞の成否
とも。なんの関わりもありません。もし意図的でなく「ついうっかり」間違え
たのであれば。画像だけでなく。他の研究者の論文にある実験方法
知らなかったし間違えだらけでしょうけど。細胞できたん
だから何か文句ありますか?」って記者会見で発言したらきっと切り貼り
については。理研は小保方氏の説明を科学的でないとしているようです。

『捏造の科学者。今さらだが読んでみた。問題って。そういう事件だったのね。小保方さんが
研究者として未熟だった。というだけの問題じゃないな。小保方晴子さん。細胞で話題となった。法人理化学研究所の元研究員「小保方晴子」さんが
久々に話題となっております。今月20日に単行本を出版し。久々にメディアに
登場して現在の様子が公開されているとのことですが。あまりの変わりぶりに「
細胞以前は愛嬌のある丸顔で。お茶の間からも人気が伺えましたが。
もし仮にこれが現在姿とするのであれば。どん底に落とされ。手記の通り
まるで魔女狩りのような壮絶な日々を過ごした彼女って何やねん 再現できて

小保方さんが論文を捏造した意図的にデータを詐称した点は確定です。しかるべき知識のある人が読めばすぐにバレる??というのはその通りなのですが、色んな科学論文を読んでいると「ちょっと怪しいぞ?ちゃんと実験していないんじゃない?」と思うような内容に出くわすことが少なからずあるのも事実なのです。興味深い実験結果が得られ、論文の執筆を始めると、本来考慮しておくべきだったのに忘れていた要因に後から気付いたり、査読の段階で指摘されることがあります。著者は再実験でその要因の影響を確認し、関連個所の修正を行ったうえで再度原稿を提出し、論文の掲載に至ります。ですが、例えば実験にものすごく労力やお金がかかるなど再実験が簡単でない場合があります。そのような場合、著者は他の実験データや他の人の論文の内容などを引用し、その要因が自分の実験結果に影響がないことを理論的に説明することがあります。世の中には知識が豊富でそのような理論武装が得意な学者俗に「論文を受理させるのがうまい人」と称されますがいるのですが、時として、論旨が曖昧?不十分で「あれっ?」と思うような内容のまま学術誌に掲載されることがあるのです。私は、小保方さんの件はその例に近いものだったのではないかと想像しています。ES細胞の誤混入か意図的な混入か、または誰かのいたずらや嫌がらせかはわかりませんが、STAP細胞の存在を盲信しつづけていた小保方さんに、その完成/発見を信じさせるような実験結果がおそらく一度だけ得られたのだと思います。彼女は早速論文を書いたのですが、査読の段階で様々な不備が指摘され、原稿を突き返されました。ここで、iPS細胞の京都大学に完全に遅れをとっていた理化学研究所と、できるだけ早く学術論文に掲載したいという小保方さんの利害関係が一致し、「論文を受理させるのばうまい人」であり且つ世界的な権威であった笹井氏が手を貸すことになったのだと思います。笹井氏が最初から実験に関与していたのであれば様々な不備に早々に気付き、そもそも実験結果に問題があることに気付いていたでしょう。ですが、笹井氏は既に「STAP細胞の発見/成功」という結果を知らされたあとで小保方さんを指導することになり、またその共同研究者も実績?実力?人柄ともによく知る若山氏だったので、「STAP細胞の発見/成功」という実験結果を露ほども疑うことなく、ただ理論的に不足している点を補足しさえすれば論文は掲載されると考えたのだと思います。一方の小保方さんは、信じ続けていたSTAP細胞の発見?完成に舞い上がっていたところに笹井氏まで味方についてくれたことでますます自信が生まれたのだと思います。笹井氏の指導のもとで「○○を示す実験データはないか?」と問われると、そのような実験はしていなかったのに、ついつい過去の似たようなでも、STAP細胞とは関係のない実験データを流用、改ざんして提出しました。そんなことは疑わない笹井氏はそれらの追加データを盛り込み、論旨を組み立て、小保方さんの論文を完成させ、ついには掲載にまで漕ぎ着けます。査読者たちも共著者に笹井氏の名前があるのを見てチェックがゆるくなったのだと思います。STAP細胞が本当だったとしたら、200%の確率でノーベル賞でした。それくらいの大発見をすると、普通の科学者なら「本当に自分の実験は正しかったのだろうか」と不安になり、普段以上に慎重に再実験や確認を繰り返したうえで発表します。また、理化学研究所や共同研究者の笹井氏や若山氏も、まさか理化学研究所という日本でも有数の研究機関にかくも未熟な研究者がいるとは思わず、小保方さんの実験結果まで疑うということは考えもしなかったのだと思います。あれって小保方氏が間違いなく論文をねつ造したということで確定したんですか?4年前に確定しています。小保方氏がデータを捏造?改ざんしていた証拠が複数出てきて不正認定され、小保方氏から異議申し立てはなく、理研から請求された金額を支払っています。STAP細胞は存在しなかった、作製できていなかったことも科学的調査や検証実験から明らかになっています。見る目がある人が見たら確実に分かるのに、何故バレるようなねつ造をしたのか理解に苦しみます。小保方氏は理研に入る前から不正行為を続けていましたそちらも調査されて確定されたり、論文が取り下げられたりしています。捏造?改ざん?盗用が常習になっていてそれがずっとバレなかったため、理研でも続けていたのでしょう。しかし、理研のような世界への発信力のある組織に所属したのが運のつきで、論文発表と同時に多くの人に注目され内容が精査されて数々の不正理研発表の論文だけでなく博士論文にもが発見されました。有名な研究者がデータ取得や論文執筆に協力していたものの、他人の研究に踏み込まない慣習があり、小保方氏が博士号を取得していた一人前で優秀とみなされていたことや彼女のキャラクター研究熱心で信用できると見られていたなどが災いして、論文発表前に彼女の不正に気づくことはできませんでした。あの騒動には何か裏があったりしますか? 裏などはなく、小保方氏単独の研究不正事件です。そこに早稲田大学、東京女子医科大、ハーバード大附属病院、理研といった複数の組織、指導者、共同研究者が関係していたため、チェック体制が十分に働かず博士号が授与され、ポストが与えられ、不正が見過ごされてしまいました。STAP細胞の存在は科学的には4年前に否定されています。現在、STAP関係の特許出願は日本では拒絶査定→取り下げになっています。アメリカなどでも拒絶査定が出されているのでこちらもいずれ取り下げか脚下になり、権利関係でも否定されて、一連のSTAP問題は終結するのではないでしょうか。確定しました。海外の研究機関でSTAP現象が確認された、小保方は嵌められたんだ! と騒ぐ人が未だにいますが、細胞に刺激を与えて初期化しようとするアイディアは、そもそも小保方のものではありません。小保方の手法で再現できなかった以上、小保方の主張するSTAP細胞は存在しません。他の手法でSTAP細胞に類するものが作られたとしても、それは小保方とは無関係です。>あれって小保方氏が間違いなく論文をねつ造したということで確定したんですか?再現出来なかったので確定です。それが意図的な捏造なのか、偶発的に生じたものを満足に検証すらせずに発表した杜撰さの賜物なのかまでははっきりしませんが。>何故バレるようなねつ造をしたのか理解に苦しみます。結果を残さなければ研究が続けられないからです。>あの騒動には何か裏があったりしますか?そのような陰謀論を唱えたがっている人たちはいますね。回答者の中にも事実を誤って理解している人がいます。「その後、アメリカ大手企業がSTAP細胞で特許を取得したらしいですが」と言っている人がいますが、そのような事実はありません。取得された特許は、騒動になる前から申請していた実験手法の話でありSTAP細胞の特許なんてものはこの世に存在していません。――STAP細胞なんてものがそもそも存在していないのですから当然ですね。公式見解では、小保方さんの捏造ってことになっていたと思います。私も、もし捏造なら、発見の重大性から簡単発覚することは判るはずで、一人前の研究者だった小保方さんが捏造するのは余りにも不思議だったので、ネットとか週刊誌とか注目して色々と興味持って見ていました。その範囲では、小保方さんの捏造説は信じれませんでした。その後、アメリカ大手企業がSTAP細胞で特許を取得したらしいですが、それに関連し、小保方さんの特許妨害をする為に仕組まれた陰謀説はあります。その反対ではないかと思います。どこかの企業、医療界の財政維持を保ちたいがために、つぶされたというのが、多くある説ですよね。私もその意見に賛成です。できないものをあそこまで顔を出して 自身をもって できた、と言う人はいないと思います。また嘘をついてあそこまで公に大騒ぎをさせてまで ”できた、”という事をする意味も全くないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です