うちのトコでは 茨城県のうち利根川東遷で分断された旧下総

うちのトコでは 茨城県のうち利根川東遷で分断された旧下総。確かに水戸に行くには鬼怒川、小貝川と二つの大河を越えていく必要がありますね。茨城県のうち、利根川東遷で分断された旧下総国にあたる地域(古河市など)は、なぜ茨城県になったのですか 水戸までかなりの距離がある茨城県よりも、栃木や宇都宮が近くにある栃木県と一体化した方が、県庁までの交通の便が良くなり、為政者も統治しやすくなったと思うのですが、茨城県に編入したことにどんなメリットがあるのでしょうか #うちのトコでは。この作品「ちばらき問答」は「うちのトコでは」。「関東七ヵ国協議会」等の
タグがつけられた小説です。にされっけど。それちょっとヤダなって」 口を
尖らして主張してくる千葉に向かって。茨城はやれやれと肩を竦める。
そもそも『ちばらき』ってのは。利根川下流域から霞ヶ浦の水郷地帯や。旧下総
国だった茨城県北相馬地域を中心にした。さらに江戸時代には利根川東遷事業
が進み。常陸国の住民の居住地域と商業の発展した水郷地帯である佐原および

埼玉県。なお現在の埼玉県にあたる地域には。上述の武蔵国造无邪志国造のほかに。
のちの秩父郡を本拠とする知々夫国造も存在していた。下総国方面には古河公
方が勢力を張った。, 戦国後期には相模国の後北条氏が台頭する。地域特産物
の生産も盛んになり。定期市で販売されたほか。利根川?荒川?新河岸川の舟運
を通じて江戸へも移出されこのうち県南部を横断して多数の路線と接続する
武蔵野線が最も輸送人員が多く。東日本旅客鉄道の東京メガループに指定されて
いる。茨城県のうち利根川東遷で分断された旧下総国にあたる地域の画像。東京。新井宿駅と地域まちづくり協議会『水を治め。水を利する伊奈忠次?忠治父子の
物語』 ところで。その手のマニアが結構いるらしい。東京?千葉?埼玉の三県境
は江戸川の川の中に当たるため。残念ながら特に目印のようなものはありません
。利根川の流れを。別の川に移す「瀬替え」と呼ばれる工事が。江戸時代初期
から開始されたのだ。, 1594文国。上総国。下総国の三カ国が合体して
できている県だが。下総国の三分の一ぐらいが。茨城県に編入されて

利根川と国境?県境との関係hmtマガジン。集めました。 アーカイブズ 利根川東遷?利根川の流路の変遷について? も。
合せて御覧ください。後に武蔵に編入された江戸川右岸西岸の区域も含め
て「葛飾郡」というのは,古利根川左岸の下総国北西境を限るたいへん広大
な郡だったのです。現在の稲敷郡河内町と東町の利根川沿いの区域は年に
当時の村ごと千葉県香取郡から茨城県稲敷郡に移管された地域です。もともと
利根川が県境で。川の流れが変わったもしくは変えた為に分断されてしまっ
た。

確かに水戸に行くには鬼怒川、小貝川と二つの大河を越えていく必要がありますね。理由はいびつな形になって統治しにくい、謀反等が取り締まりにくいということでしょう。宇都宮にくっつけると、ずうっと南に伸びた細いリボンのような地域になります。栃木県警に追われたものがひょいっと東に渡河すれば管轄違いの茨城県、ひょいっと西に渡河すれば管轄違いの千葉県です。今でも、東京?神奈川の都県境が複雑な町田市、厚木市の辺りは警視庁、神奈川県警の境目で、犯罪が多いと聞きます。栃木は加波山事件など、反抗的な地域です。あえて入れなかったんでしょう。現在ほぼ鬼怒川に重なる線と利根川に挟まれた旧下総国の地域。たぶん、廃藩置県の過程で一時存在した印旛県にあたる一帯のことと思います。理由は、古来の全国統治秩序ではないかと考えます。中央と各国の関係は、律令時代に定められた形が後世に続いています。全国は七道に整理され、下総国?常陸国は、相模?武蔵?安房?上総に続いて「東海道」に属すのに対し、上野国?下野国は信濃から続く「東山道」に属します。江戸幕府の近辺地域である武蔵国と下総国は、面積も広大で、新政府の置県作業でもかなりの難題だったことが推測できます。西日本勢力が中心の王政復古を掲げる新政府としては、下総国で東海道?東山道の秩序を崩す考えはなかったのではないでしょうか。中央の統治意識と現地の帰属意識。その両面から、実際の道路?河川事情なども当時はかなり差があった可能性も考えられ、下総国であった地域を東山道側の栃木県に編入するという案は提起されなかったのではないかと思います。茨城?栃木?群馬?埼玉の4県が接する地域に、南東から千葉県が細長く伸びている行政上の地形に、いつも不思議な感じを受けていました。興味深いテーマです。他の回答も拝見したいと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です