よくある質問 弁理士さんへ質問です仮に発明者が進歩性のな

よくある質問 弁理士さんへ質問です仮に発明者が進歩性のな。膾炙を中途退職して60歳まで勤めていたらクライアントが獲得できないので、独立開業していたとき、基本的に個人や中小企業からの依頼はお断りしていました。弁理士さんへ質問です
仮に、発明者が進歩性のなさそうな出願をしてきた場合、どう対応しますか たとえば、扇風機を備えるパソコンモニターとかです そのまま出せば進歩性なしだと思われますが、この場合は、発明の内容を深堀りして進歩性を出せるように、発明のポイントを引き出すのでしょうか どのように引き出すのかコツなどあればご教授願いたく思います 特許のよくあるご質問。特許出願は弁理士に頼むべきでしょうか? 特許権取得 社員がした発明
を特許出願したあと。その社員が退職したが。発明者は特許の実施が可能か?
自社製品に似たものが他社から特許出願されているようです。今後の進歩性
の有無は。一般的には発明の目的課題。構成および効果から判断します。

よくある質問。など。 無料相談会に寄せられた相談のなかから「特許出願」に関するよくあるご
質問を形式で掲載しています どのような発明が特許になるのでしょ
うか? 出願した発明を早く特許にしたいのですが。方法はありますか?

膾炙を中途退職して60歳まで勤めていたらクライアントが獲得できないので、独立開業していたとき、基本的に個人や中小企業からの依頼はお断りしていました。クライアントの部長さんくらいの紹介で個人発明家の発明を取り扱ったことがありますが、基本的な考えは、特許になるかどうかではなく、売れるかどうかです。進歩性のないような発明に「深掘り」をしても、特許は取れるかも知れませんが、それが特徴となって売れるものになるような例はありませんでした。よって、お断り。いろいろ尋ねている内に、連絡が取れなくなった中小企業もありました。会社にいたとき、副社長から呼ばれて、某銀行の復頭取が、特許をとりたいから協力してやれと命令されまして、銀行まで行き、内容を聞きましたが、進歩性はあり、特許は取れる物の売れる見込みは殆ど無い。部長に、「やめるように話したいが。」というと「ああいう人の100万円は、君のような貧乏人とは言わなかったな者の1万円くらいなものだ。特許を持っていることを自慢したいのだろう。構わず、出せ。」ということで、自分が書くわけには行かないので、使っている特許事務所に依頼して、特許をとりましたが、勿論売れるわけもなく、それ以後どうなったか分かりません。弁理士にもいろいろな人がいまして、発明者が考えてきた実施例を変形した実施例を作ったりして、クライアントの評判が良い。この人は、外国出願ができないので、それを引き受けましたが、非常に丁寧に書いてあるものの実施例を付け加えても、進歩性が増すわけでもなく、権利範囲が広がるわけでもない。その代わり、1年に30件くらいの日本出願しかできない。まあ、いろいろです。?判断は、特許庁の審査官がするものです。?進歩性が無い場合は「拒絶理由」が来ます。:拒絶理由→意見書及び手続き補正書→出願公告:拒絶理由→意見書及び手続き補正書→拒絶査定等になります。?考案した物は「実用新案」になります。:実用新案は、出願すれば自動的に登録される。が、実際に権利行使する場合は、「実用新案評価申請書」を出して、受かれば権利行使ができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です