カシオが業績を下方修正 カシオってなぜコンデジ事業から撤

カシオが業績を下方修正 カシオってなぜコンデジ事業から撤。スマホカメラの機能があがりコンデジであればスマホで代用できるために売上が今後も見込めないと判断したからだと思います。カシオってなぜコンデジ事業から撤退決めたのですか カシオ。同日発表された年月期通期の連結業績予想では。売上高が億円前回
予想は億円。営業利益が億円同億円。経常利益億円同。
億円。当期純利益が億円同億円と下方修正してカシオのデジカメが「復活」。年に民生用デジタルカメラ事業から撤退した精密大手のカシオ計算機が。
今年月から秘かに非民生用デジカメで“復活”を果たしている。背景にはデジカメ
先駆者としてのプライドと勝算があった。カシオがもたらしたデジカメの歴史を振り返る1/4。カシオ計算機がコンパクトデジカメからの撤退を発表し。多くのカメラファンに
衝撃を与えた。世界初のデジタルカメラってわけじゃない。じゃあなぜ-
がそこまで重要エポックメイキングだったのかというと。点。光学
ファインダーの呪縛から逃れられるんですよ。のであり。レンズ回転式が
チルト式モニターに継承されたと思えば。-がその後のデジタルカメラの
運命を決めた「元祖デジタルカメラ」といっても過言ではない製品だったのだ。

カシオ。カシオ計算機は日。不採算のコンパクトデジタルカメラ事業から撤退
すると発表した。同日に発表した年月期決算の説明資料のなかで明らかに
した。会社側は日経ニュース社の取カシオ?デジカメ市場の完全撤退?の衝撃。同社は今後。マス市場向けの?カメラ?という形の製品からは一度撤退し。
用途やカメラ技術を応用した新ジャンル製品など。?カメラを別の形で活かした
新しい製品?同社?樫尾和宏社長に事業を切り換えていく。 計画未カシオ?デジカメ撤退?を決めたとどめの一撃。コンパクトデジカメの需要減少は以前から進んでいたにもかかわらず。なぜ
年度まで事業を存続できたのか。 カシオのコンパクトデジカメといえば「
」シリーズがおなじみだ写真。カシオ計算機 その答えは。

カシオ。カシオ計算機株式会社は月日。年月期決算発表の中で。デジタルカメラ
事業からの撤退を正式に表明した。使い方って途中で変わったり。買ってから
こういう使い方の方がよいよなぁって気づくものなのだ。カシオはスマホから
も既に撤退しているし。そういう技術はどこに使うんだろう。外部に売るのかね
? 残念ですな。カシオ?デジカメ撤退?を決めたとどめの一撃上位メーカーが事業拡大を果たせない。カシオ計算機が「事業撤退」を発表。以前から撤退をほのめかしていたため。
業界では「やはりそうか…」との見方も強かったが。レンズ一体型のコンパクト
デジタルカメラコンデジ市場で屈指のシェアをもつメーカーが撤退に
追い込まれるというのは大きな衝撃だ。サードパーティ依存度が高い企業は
ビジネスのルールを自分で決められないだけに。いよいよ苦しいですね 利用行動
をビデオで誰かがメタンリークって言ってたように聞こえましたがどうなんで
しょう。

カシオが業績を下方修正。当初は増収増益を見込んでいたが。デジタルカメラの販売不振などが原因で。
減収?営業減益の予想に一転した。また。日本経済新聞は日付朝刊で。カシオ
がコンパクトデジカメ事業から撤退する方針を固めたと報じた。

スマホカメラの機能があがりコンデジであればスマホで代用できるために売上が今後も見込めないと判断したからだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です