ターボジェット?エンジン なんでジャンボ機って廃止したん

ターボジェット?エンジン なんでジャンボ機って廃止したん。国内線でも就航しているB777‐300は514席仕様です。なんでジャンボ機って廃止したんですか 効率わるすぎないですか

飛行機ってバカ高い給与の機長や副機長が必ず必要だし飛行機一機とばすだけでも着陸税とかいろいろかかりますし
それなら羽田?千歳?伊丹?福岡線あたりはジャンボ飛ばしてたらいいじゃ

1回で450人ぐらい運べるのと300人程度しか運べないなら
航空会社にとっては前者の方がいいじゃん

パイロットやCAは少なかろうと多かろうと同じような数が必要になるわけだし 各国のガソリン車禁止?ディーゼル車販売禁止の状況。ゼロエミッションとは。排出がない。すなわち%電気自動車を意味します。
その後としました。年までにガソリン車とディーゼル車の販売は禁止
されます。年に%。年月にカリフォルニア州内では無排出車両以外の
販売を年までに段階的に廃止されることが発表された。これらの規制を
行う理由はいったいなんでしょうか?消費者へのコストが高すぎて普及しない
という主張が多いですが。一部地域ではすでにガソリン車とほぼコスト

ターボジェット?エンジン。しかし両者を折衷した形として,タービンでプロペラを回すターボプロップ?
エンジンや,ヘリコプターのローターを回すターボ実用されていたにも
かかわらず,ガスタービン?エンジンの実現が遅れたのは,一口にいって効率の
良いコンプレッサーと,高温に耐える超技術的にはほとんど意味はなく,
ピストン機時代からの伝統に従っているに過ぎない。 などに使
われるが,コンプレッサー入り口案内翼は騒音源となる働きが大きいので,多く
は廃止されている。?ジャンボ機?が生産終了に追い込まれたワケ。年のデビュー以来。「ジャンボ」の愛称で親しまれてきたボーイング
旅客型の生産がひっそりと終わろうとしている。人以上を一気に運べ。航空
旅行の大衆化に大きく貢献しただが。燃費が良く騒音がより…について。
航空アナリストの 氏は「業界ではカタール政府の専用機として使
われるとの見方が有力」と指摘しており一般の旅客機ではないようだ。

消えたわけではない「ジャンボ?ジェット」。この引退劇に関してですが「エンジン4基の巨大機」なので燃料効率が悪いとか
。「老朽化が進んだ」などというイメージで語られる一方で。関係者にしても。
乗客にしても「一世を風靡した機材の引退」ということで多少なぜアメリカはいまだにメートル法を採用していないのか。しかし「単位」の取り扱いに関しては。世界ワースト位と言えるほど非効率で。
遅れています。結果を。探査機の航行担当チームがメートル法の単位だと
思い込み。換算をしないまま使用したこと」だと判明します。が。このゲーム
で使われた距離の単位はキロメートルだったため。アメリカのユーザーが「
キロメートルって何マイルだ?というのも年。アメリカ政府の目安箱「
」に「ヤードポンド法を廃止してほしい」という投書

「飛行機がなぜ飛ぶか」分からないって本当。先日。飲み会の席で「…だって世の中。『飛行機がなぜ飛ぶか』だって。本当は
分かっていないんですから」という声が聞こえてきた。貴方もきっと。同種の話
を耳にしたことがあると思う。「ジャンボジェット」はなぜ消える。「ジャンボジェット」の愛称で広く親しまれたボーイングですが。年月
現在。その旅客型の生産がところが現在。の型機は全て引退しており
。既に老朽化した機体は燃費効率も悪く。早急に更新をする

国内線でも就航しているB777‐300は514席仕様です。過去に一番座席数の多かったB747-400国内線仕様では569席でした。2階席分が多かっただけです。比較されて書いていらっしゃる人数は間違っています。エンジンは双発ですので同じ区間を飛行した時の消費燃料は2/3程度になりました。人数当たりの消費燃料が全く違う訳ですのでジャンボ機を使用するメリットは何も有りません。機体が少し小さくなりエンジンが2つになりましたので最大離陸重量もB747-400が87万ポンドでB777-300は77万ポンドになり空港での離着陸料金も安くなります。ANAが運用していた国内線B747-400Dの最終仕様は、プレミアムクラス23席、普通席542席の計565席でした。一方、現在のANAのB777-300の国内線仕様は、プレミアムクラス21席、普通席493席の計514席。差は51席しかありません。これで燃費は3割ほどB777の方が上で、エンジン数が半分なので整備コストも安いでしょう。果たして、どちらが効率がいいのかという話ですね。もっとも、現在は空港の能力や管制システムなどの向上、それとB787などのより燃費の良い機材が増えてきていますので、「大型機を少数飛ばす」より「中小型機を数多く飛ばす」という傾向になっています。B777-300でも満席になる便はそうそうなく、特に朝晩以外の時間帯はガラガラで飛ぶという事になりかねないでしょう。効率を考えれば、調整の利く小型機の方が良いという事になっているようですね。航空会社はプロですから、どっちが得かくらいは当然十分考えたうえで計画していますよ。>ジャンボ機とは、B747ですが、その後継機として導入したのは「B777」です。B747はエンジンが4機付いていて、燃料は食うし騒音はうるさいし、問題がある機材でした。B777はエンジンは2機だけで、B747と比べたら、燃費はいいし騒音も静かです。それでいて座席数は、B747より少し少ない程度の乗客を運べます。>効率わるすぎないですかって言うなら、エンジンの台数と燃料消費量も考えなければなりません。エンジンが4機のジャンボ機の方が、「効率わるすぎ」です。まず常に満員と考えてる時点でお笑い。それに伊丹空港は騒音対策で4発機であるジャンボは飛ばせないもう少しよく考えて質問しましょうね。ジャンボ機じゃなくてもジャンボ機並みの輸送力がある機材があるの知らないの?ジャンボ機1機飛ばす方が燃費がかかりすぎて効率悪いですね。はっきり言ってしまえば会社が儲からないからです。貴方が10年から15年越しの越しの中古車を持っていたとします。あれこれ故障して部品費用がかかる整備工場に入った1日は使えない。そんな事はお客さんに対して許されません。時刻表通りの運航をしなければ信用されません。故障の少ない数多くの機体を保有していなければ時刻表通りの運航は不可能です。次の車検までに故障していない状況を続ける必要があるのです。収入が10億支出が10億では給料が払えません。ジャンボは儲からない機体になってしまっていたと言うことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です