チクショー 麻原彰晃様は天地を創造し第六日目に自分を模っ

チクショー 麻原彰晃様は天地を創造し第六日目に自分を模っ。麻原彰晃がどう見ても被造物ですので...。麻原彰晃様は天地を創造し、第六日目に自分を模って土で男を創り、鼻から命の息を吹き込み命を与え、アダムと名付けました 次にアダムの鋤骨から女を創り、イブと名付けました 神は二人を苦しみの一切ない、天国のような楽園「第七サティアン」に送り、美しくおいしいあらゆる植物を生やしました そして第七サティアンの中央には、「命の木」と「善悪の知識の木」を生やし、麻原彰晃様は二人に言いました 「人間にこの園をあたえよう 自分たちで耕し、守り、全ての木から実をとって食べなさい ただし、善悪の知識の木の実は決して食べないように 食べると必ず死んでしまうよ 」 そう言い聞かせました 麻原彰晃様の創った純粋無垢な二人は、羞恥心も猜疑心も持ち合わせていませんでしたから、美しい第七サティアンを生まれたままの姿で、神の言いつけを守って幸せに過ごしていました ところがある時、知恵を授けられた蛇が、イブの耳元でこうささやいたのです 「この善悪の知識の木の実を食べてごらんなさい 決して死なないし、むしろ目が開け、麻原彰晃様のように善悪を知る者となるのだよ 」 イブは蛇の言葉に惑わされ、とうとう禁断の果実を手にし、食べてしまうのです それは甘やかでおいしく、イブはアダムにも食べるよう勧め、とうとうアダムもそれを食べてしまいました その瞬間、二人の中に羞恥心や猜疑心、自己防衛、怒り、嫉妬、悲しみ…など、無垢とは反対の感情が芽生えたのです 二人は自分たちが裸であることに気付き、すぐさまイチジク葉で身体を隠しました これを知った麻原彰晃様は激怒し、約束を破った罰として女性には産みの苦しみを、そして男性には命を終えて土に返るまで、土を耕して食物を得る苦しみを与えました そして二人をそそのかした蛇には「一生腹で這い回り、あらゆる家畜や獣の中で呪われる存在となるのだ」と言いました アダムとイブには、第七サティアンにある「生命の木」の実を食べて不死となる権利を与えないとし、第七サティアンを追放されることとなりました 「善悪の知識の木の実を食べると死んでしまう」という神の言葉通りになったのです テレビレビュー『NHKスペシャル/未解決事件file。このテレビレビューは。年5月日土と日日に放送された『
スペシャル/未解決しかし。特別手配されていたオウム真理教事件の容疑
者らの逮捕時期と符合して放映され。大きな反響を得たそんなころ同僚に勧め
られた麻原彰晃の著書を読み。ヨガ教室「オウム神仙の会」年発足の
セミナーに参加。「社会のしがらみを捨てて救済のために生きよう」と説く麻原
の教えに惹かれていった。今回の選挙の結果は。はっきりって惨敗。

「チクショー。年月日朝。オウム真理教の教祖?麻原彰晃と元幹部六人の死刑が執行され
た。日に残された人の死刑が執行され。オウム真理教いまだ解決されない
多くの謎が残されており。またオウム復活の兆候も見え隠れしているというのだ
。囚たちは刑務官の言動や食事の内容。拘置所内の雰囲気などから。何となく
「次は自分だ」と感じ取り。緊張感を高めているようである。

麻原彰晃がどう見ても被造物ですので...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です