モルって何 92の⑵⑶についてです ⑵は1mol:98=

モルって何 92の⑵⑶についてです ⑵は1mol:98=。問題の作り方は、ここで議論できません。92の⑵、⑶についてです ⑵は1mol:98=x:1748g で答えが17 8…とでたので四捨五入して18mol/Lとして、答えはあっていました そして⑶で18mol/Lを用いて計算すると 1 5mol:x=18:1000mL で答えが83 3…とでてきたので四捨五入して83mLになりました しかし、問題の解説では18mol/Lを使うのではなく、⑵の1748/98 mol/Lを使って計算していたため 1748/98:1000mL=1 5mol:x で答えが84 0…で四捨五入して84mLが答えになっていました 計算に用いる数値はなるべく正確な値のほうがいいから1748/98という計算が面倒な数値を使ったってことですか もしそうなら⑵でモル濃度をわざわざ出す意味はあるのでしょうか 化学基礎。今日は。化学で使われる「単位」について。考えていきます。 質量の単位炭素
原子の質量は1.99×10-23gですが。ここでは約2.0×10-23gと
考えます。 すると。右どのような物質でも6.0×1023個集めれば
1molです。 このようつまり。 4.0mol=x/6.0×1023/
mol

MO2。次式が成り立つ。 / {} {/+////}=/ {
} {///} =/早急にお願いしたいです。 解答$//
$ ある金属の酸化物 には,金属が 含まれるので, の $
_{}$ を還元すると,$$ のが得られる。 $$ の例題 物質量
アンモニア分子について,次の各問いに答えよ。 $=$ =//
$ の質量と, $$ の希硫酸に含まれる溶質の質 解説 量が等しいこと
を利用する。モルって何。余談ですが。コップ杯約の水には。約の水分子が含ま
れています。 コップ杯の水 アボガドロ数とアボガドロ定数 物質に含ま
れる粒子の数である×第12章。物質量は,化学の中で最も大切な量です。したがって,アボガドロとは化学者
の名前でしたね。1811年にアボガドロの法則や分子説を唱えたイタリアの
化学者です。 原子の世界アルミニウム1mol→Al原子1mol→26.
98原子量g アルミニウムのこの章では粒子の数について考えました。
mol

問題の作り方は、ここで議論できません。モル濃度を計算させたかったんでしょうね。で、こういう場合2でせっかく計算した値なので、3の計算に使ってもいいのです。しかし、ひとつだけお約束があります。それは、有効数字を一桁多く取って計算するということです。よって、こうします。1mol:98=x:1748gx=17.836…2の回答は、18mol/L次の比の式は1.5mol:x=17.8:1000mLx=84.269…3の回答は、84mLこうなります。このような計算をしても、分数を使ったときに比べて誤差が出ることがあります。しかし、この誤差は許容されているので、不正解にはなりません。あなたの回答のように、18mol/Lをそのまま18として使うと、さすがに誤差が大きくなるので、不正解になるかもしれません。気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です