列車運行状況 南海本線の運行本数について質問したいです普

列車運行状況 南海本線の運行本数について質問したいです普。「関西空港関係以外は、南海本線を利用する乗客、平成元年1989年前後よりは、結構減ってしまったとかで、南海電車サイドは「なんば駅~和歌山市駅?和歌山港駅間の通しの急行電車は、平日ダイヤなら、朝夕のラッシュ時程度、土曜休日ダイヤなら、朝のラッシュ時程度しか、運転しなくなって、その変わりが、特急サザンとする」等、言わゆる減量ダイヤとしてるのが、現在のダイヤになるそうなので、「普通電車が、無くなる駅の乗客からは、反発を買うのは、間違い無い」等から、無理な話では無いか。南海本線の運行本数について質問したいです
普通電車の本数が多すぎます
特にいつも思うのですが、急行や特急に乗ると大体大和川付近で徐行運転になり堺到着が1、2分遅れます
あと泉大 津手前でも同じことが起こります 泉大津を通過する特急もです
それを解消できればもっと早く着く事ができると思います
普通電車の遠距離運行をやめるのがいいと思います
南海難波?堺(後続の複々線利用する)
堺?高石 一部浜寺公園で通過待あり
高石?泉大津 途中退避場所なし
泉大津以南からは区間急行を全駅停める 同じく空港急行も全駅停める
泉佐野?関空空港は普通電車増発する
難波発時刻表を暇だったので自己中的に作りました 願望だけですよ
00:ラピートβ関西空港
05:急行和歌山市
09:区間急行羽倉崎泉大津特急通過
10:普通堺住之江特急通過
15:特急和歌山市岸和田区間急行接続
18:急行羽倉崎泉佐野ラピートβ接続
20:普通堺
27:空港急行関空泉大津ラピート通過
30:普通堺粉浜付近ラピート通過
住之江急行通過
33:ラピートβ関西空港
35:急行和歌山市
40:普通堺粉浜付近区間急行通過
住之江急行通過
43:区間急行和歌山市泉大津急行接続
48:急行羽倉崎貝塚特急通過
50:普通堺粉浜付近特急通過
住之江空港急行通過
53:特急和歌山市
55:空港急行関空泉大津ラピート通過
58:普通堺粉浜付近ラピート通過
住之江急行通過
堺駅?高石まで普通電車10分毎に
高石?岸和田まで普通電車20分毎に
急行は全て泉大津で普通など接続なし

どうでしょうか
暇人だと言うのは重々理解しています それ以外でご意見ください 南海?特急チケットレスサービス。南海?特急チケットレスサービスのご紹介サイトです。ラピート。サザン。
りんかん。こうやなどの南海電鉄の特急券購入?座席指定が簡単にご利用
いただけます。

列車運行状況。※この情報を無断で転載?複写。または電磁媒体等に加工することを禁じます。
南海電鉄で事故等により運転見合わせ等があった場合に。他の鉄道南海本線の運行本数について質問したいです普通電車のの画像。公共交通機関について。質問 公共交通機関の利便性向上について具体的な施策をお願いしたいです。 私
は車を所有していますが。電車?バスもしょっちゅう利用します。南海電鉄が
著しく客数を減らしてやる気をなくしているのを見て。はやりたい放題です。樽井。樽井駅の南海本線[なんば〔南海線〕方面]の時刻表です。平日。土曜。日曜/祝日
の時刻。始発電車?最終電車。停車駅。運行状況も確認できます。特急。ご乗車日?列車?座席?乗車区間を指定して発売いたします。 ※特急券は。指定
の列車に限って有効です。 ※特急列車の南海?特急チケットレスサービス
インターネット ?ご希望の忘れ物について; よくあるご質問; お問い合わせ

「関西空港関係以外は、南海本線を利用する乗客、平成元年1989年前後よりは、結構減ってしまったとかで、南海電車サイドは「なんば駅~和歌山市駅?和歌山港駅間の通しの急行電車は、平日ダイヤなら、朝夕のラッシュ時程度、土曜休日ダイヤなら、朝のラッシュ時程度しか、運転しなくなって、その変わりが、特急サザンとする」等、言わゆる減量ダイヤとしてるのが、現在のダイヤになるそうなので、「普通電車が、無くなる駅の乗客からは、反発を買うのは、間違い無い」等から、無理な話では無いか?」と、私個人は思います。お話になりません。羽倉崎を除き普通しか停車しない駅はホーム有効長が6両しかありませんので、空港急行の8両運転ができません。インバウンド対策で空港急行の8両編成を増加させている現状を何も分かっていない証拠です。そもそも鉄道のダイヤは特急?急行などの優等列車を優先的にわかりやすい等間隔での発車になるように組むのが基本です。そのような基本をわかっていない素人の発想など誰も耳を傾けません。そもそも折り返し設備のない堺での普通の折り返しなど議論する以前の問題ですし、これだけの列車運行させるための車両数や乗務員数について何も考えていないクズ案だと言われるのがオチです。関西空港駅-りんくうタウン駅間は、JRと南海電鉄がレールを共用しています。つまりJRは、特急はるかが30分毎の運転関空快速が15分毎の運転合わせて、10分毎の運転南海電鉄は、特急ラピートが30分毎の運転空港急行が15分毎の運転合わせて、10分毎運転つまり関西空港駅-りんくうタウン駅間は、南海電鉄とJR合わせて、5分毎の運転間隔で列車が走っています。ですから、関西空港駅-りんくうタウン駅間は5分間隔で列車が走っていますから、今以上に列車の本数を増やすことは出来ません。◆通勤時間帯は、JRの関空快速や南海電鉄の空港急行の本数が増えて、3分間隔ぐらいの運転間隔になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です