吉野作造とキリスト教の影響 日本人にはキリスト教的な博愛

吉野作造とキリスト教の影響 日本人にはキリスト教的な博愛。自分はそうは思わない。日本人にはキリスト教的な博愛精神はもちろん愛国心も無くせいぜいあるのは郷土愛くらいですか 象徴化されるナイチンゲール。けれどもその運動がさらに拡大してキリスト教文化圈を越えようとすれば。
かつては有効だったこのシンボルは。たちまち障害となった。戦前の国際法学
者?有賀長雄は。以上のような日本赤十字社の特性をものの見事に描き出して
いる。本来。赤十字社は宗教団体ではないし。その徽章たる赤十字もキリスト
教とは直接関係がない。年の太平洋戦争終結までの日本にあって。日本
赤十字社が掲げる「博愛」のスローガンは。忠君愛国と相反するどころか。これ
を補足する吉野作造とキリスト教の影響。また寄宿舎の食事は「日本人の食性」を全く無視したものが給され。食物のため
に 苦しむ者が多かっ主義を貴重な体験とする自由なキリスト教信仰すなわち
。後述の新神学へ傾斜していく方向性をもっていたので あり。このような私
は神学研究を全然放棄せねばならないやうに。余儀無くせられたので。偏に。神
の赤子の生育に心 を注いだ」のでおいて。教育勅語の根本規範である「忠君
愛国」とキリスト教の普遍的精神である「博愛」とが包括されるものであ ると
主張した

「あなたは愛国心をもっていますか。そのカラクリを解き明かし。ヘコんだ日本人の目を覚ます!ちなみに一般的な
家庭で健全に育った米国人であれば。「あなたは米国に愛国心を持っていますか
?そういう風にいうと。「いや。もちろん私だって日本のことは好きなのです
が…本書は。いまも日本人の精神を蝕み続ける「」ウォー?ギルト?
インフォメーション?プログラムの洗脳工作の正体を。知日派米国

自分はそうは思わない。が、ここが難しいところで???今の戦没者遺族会のような組織でも、そういう戦死した人を讃えながらでも、「あの戦争は間違っていた、気がくるっていた」みたいなことしか言わない。当時の状況を考えると、中国は土地を西欧列強に切り売りして、おべっかを使って共存の道を探っており、タイは外交努力で独立を保っていたが、他のすべてのアジア?アフリカ諸国は一握りの西欧列強の植民地になっていた。独立し、西洋と対抗しようとしているアジアの国は日本だけだった。こういう状況において、大東亜共栄圏構想を唱え、東南アジア植民地解放に動き、民族的差別を許さないと世界に発信したのは、これは崇高な理念だったと思うのです。こういう環境下で、死ぬと分かっていて戦地に赴いた日本の兵隊さんたちに対して、現代の遺族たちは「気がくるっていた」「軍部が無茶苦茶をやった」としかいいません。だけど、この死を覚悟した兵隊さんたちが、崇高な理念を理解していた可能性はあると思うんです。東南アジアの同胞は西洋列強の下で権利を奪われている。我々もいつそうなるかもしれない。苦しいことだが死を覚悟して戦いに臨もう。今戦没者の手紙などを見てみると、当時の相当優れた皆さん方、学歴もあり、字もしっかりした皆さん方です。アホが軍部に強制されていやいや戦ったという説明には無理がある。今の日本人は必死でそれを隠しているわけですよ。キリストは「友のために命を捨てる、これほど大きな愛はない」と言いました。当時の日本の態度が「博愛」でないとしたら、どういう国民的態度が博愛なのでしょう。黄色いサルの上に原爆を落とすことですか。右の頬をぶたれても、左のほほを差し出す日本人は居りません。外国では有り得るのでしょうか? 米国やヨーロッパでも聞きませんが。「汝の敵を愛し」=なのに、宗教戦争、魔女狩り、ホロコーストなど、大量殺人を犯したキリスト教徒達=矛盾が大き過ぎます。キリスト教的な博愛精神って、異端者見つけて、異端審問かけて、魔女見つけて、拷問する事も含まれるのですか?もしそうであれば、日本人にその様な趣味はありません。日本民族は自然の恵みに感謝して、神々と共に生きる喜びに満ちた生活を好む人達っす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です