富士山を守れ 富士山の世界遺産登録前の ゴミ夢の島状態は

富士山を守れ 富士山の世界遺産登録前の ゴミ夢の島状態は。多くの人が誤解していますが、そもそも富士山がなかなか世界遺産になれなかったのはゴミ問題ではなく一因ではあらますが、自然遺産を目指していた頃にその学術的価値を精査するユネスコの諮問機関IUCNの関係者を招いての国際シンポジウムで、「自然遺産で重視される生物多様性や固有種生態系がなく、地質学的にも富士山と同じコニーデ型火山は世界中にあり、世界遺産としての価値は認められない」とダメ出しを喰らいましたそのシンポを聴講していました。富士山の世界遺産登録前の
ゴミ夢の島状態はボランティアで
一掃され世界遺産登録に成った
のはまだ新しい出来事ですが、
いまだにゴミの散らかしが在る
のはおかしくないですか

※そ の理由をご意見の後に解説
しますね 富士山。かつては。ゴミや尿の問題によって世界自然遺産として世界遺産委員会に推薦
されなかったこともありましたが。ボランティアによって清掃活動が行われ。
山小屋でのバイオトイレの使用が徹底されました。 日本の象徴であり文化の母胎
となっ富士山の世界遺産登録前の。富士山を守れ。その秀麗な山容は日本の誇りであるが。その一方。山麓ではごみ問題が絶えない
。カンボジアの首都プノンペンで。ユネスコ世界遺産委員会
が開かれ。富士山の世界遺産登録が決定した。例えば。富士山の環境保護の
ために年に設立された法人「富士山クラブ」は。のべ人を超える
ボランティアとともに。毎年回を超える清掃活動を続けてきた。

富士山のゴミ問題。年月世界文化遺産に登録された富士山。この出来事に日本中が喜びに満ち
溢れました。しかし。イコモス※への保全状況報告書といった宿題の提出
期限がに差し迫っているのをご存知でしょうか?世界遺産登録に向けた小笠原の自然環境の現状。渡辺らは。世界遺産登録後に。長い年月を掛けて清掃登山の努力が必要
となっ たサガルマータ国立公園や。ゴミによって世界自然遺産登録に失敗した
富士山の事例を挙 げながら。遺産登録後のビジョンが明確でなかったことが。無富士山世界遺産登録から5年。富士吉田市富士山課は「5合目は弁当がらやペットボトル。登山用のつえが多く
。7。8合目は空き缶?瓶などが目立つ。全体のうち半分位は10~20年前の
古い廃棄物だ」と説明する。 富士山クラブの青木直子事務局長も

多くの人が誤解していますが、そもそも富士山がなかなか世界遺産になれなかったのはゴミ問題ではなく一因ではあらますが、自然遺産を目指していた頃にその学術的価値を精査するユネスコの諮問機関IUCNの関係者を招いての国際シンポジウムで、「自然遺産で重視される生物多様性や固有種生態系がなく、地質学的にも富士山と同じコニーデ型火山は世界中にあり、世界遺産としての価値は認められない」とダメ出しを喰らいましたそのシンポを聴講していました。そこで山岳信仰の象徴という文化的視点に切り替えて文化遺産を目指すことになり、その際に「霊峰なのにゴミだらけというのは如何なものか」という意見が増え、ゴミ回収作業を始めた経緯があります。富士山におけるゴミは二種類あり、一つは登山道途上と山頂のゴミ。特に山頂のトイレから垂れ流される屎尿とトイレットペーパーは衛生面でも問題視されていました。これに関しては有機分解するバイオトイレに置き換えることで解決しました。登山道と山頂のポイ捨てゴミはかなり減りましたが、全く無くなったわけではなく、特に外国人観光客のマナーの悪さが指摘されています。もう一つは裾野における粗大ゴミの不法投棄です。富士山の世界遺産の登録範囲は厳密には七号目より上のみで、それより下は緩衝地帯という扱いになっています。もちろん緩衝地帯だからゴミがあっていいわけではなく、緩衝地帯が犯されれば登録区域へ広がる恐れもあるので七号目まで粗大ゴミを背負っていき捨てる輩はいないでしょうけど、警戒は必要です。裾野には青木樹海のように付近に道路があり車でのアクセスが容易で監視カメラがない条件の場所が多く、粗大ゴミや産廃の遺棄が後を絶たず問題になっています。粗大ゴミともなるとボランティアによる回収が行われても、仮置き場や処分費用負担などの課題が残ります。山梨の議会では企業のメセナ活動として処分費用を捻出してもらい、代わりに「世界遺産美化協賛企業」のような肩書を企業の宣伝に全面的に用いてもらうことなどを検討していますが、今のところ実現には至っていません。不法投棄の監視にも費用はかかるので、簡単にはできませんし、ボランティア頼みといっても深夜パトロールは負担ですし、組織的投棄犯は対峙するのも危険です。偶然検挙できた事例を見せしめ的に厳重処罰するのが関の山です。上記とは別に、裾野の国道や五合目へ向かうスカイラインでの車窓からのタバコや空き缶?ペットボトルのポイ捨ても問題でしたが、富士山を祀る浅間神社世界遺産ですの鳥居を型どったミニチュアを路肩に等間隔で設置したところ、日本人はどこかで罰が当たるという意識が作用するのか、ポイ捨てが激減したそうです。観光バスに関しては最近の車両は窓が開かないので、ポイ捨てもできないわけです。こうして見てみると自治体の粗大ゴミ処分費用の高さが個人の不法投棄を助長しているともとれ、悪質な産廃業者による不法投棄は行政による指導不足があることは否めません。これらを解決するのは一筋縄にはいかないということでしょうか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です