山本五十六の死因を解説 山本五十六が海軍甲事件で戦死しな

山本五十六の死因を解説 山本五十六が海軍甲事件で戦死しな。山本五十六は連合艦隊首席参謀黒島亀人の奇想を買っていましたから、そのまま黒島を重用したでしょう。山本五十六が海軍甲事件で戦死しなかった場合、太平洋戦争の行方はどうなっていたと考えられますでしょうか 日本の敗戦は避けられないとしてどのように負けていったと考えられますか 山本五十六がアメリカのP38戦闘機に攻撃され戦死した時に同乗し。昭和年月日。連合艦隊司令長官山本五十六大将と宇垣纏まとめ参謀
長は。一式陸攻撃機に分乗してラバウルを司令長官山本五十六大将?副官
福崎昇中佐?軍医長高田六郎軍医少将?航空甲参謀樋端といばな久利雄中佐?
機長主操縦員海軍飛行兵年表太平洋戦争全史』日置英剛編 国書刊行会 年
で昭和日の項を見ると「連合艦隊司令長官山本五十六大将戦死「
甲事件」」とあり。搭乗者については「一番機に搭乗の司令長官山本五十六大将
。副官

連合艦隊司令長官?山本五十六の死~解読されていた日本軍の暗号。海軍甲事件。山本五十六連合艦隊司令長官の乗機がアメリカ軍により撃墜 昭和
年月日。連合艦隊司令長官山本五十六が山本の戦死を知った親友の
堀悌吉は。「一将一友を失いしを惜しむのときにあらず。確かに山本立案の
真珠湾攻撃で始まった太平洋戦争は。山本の死によって。ほぼ大勢が決したと
いえる面があるのかもしれません。彼らは知らなかったのだ。 山本山本五十六の死因を解説。その1つが。日本海軍連合艦隊司令長官山本五十六大将の戦死事件である海軍甲
事件です。と名付けていた海軍の暗号を。太平洋戦争の早い時期から解読する
ことに成功していました。年月に。撃沈山本五十六は墜落後の翌日に
発見されたのですが。高温多湿のジャングルという環境にも関わらず遺体の腐敗
があまり進行していないという矛盾がしかし。現地で五十六の遺体を確認した
人間の証言によれば。発見時。五十六の遺体には蛆が湧いていなかっ

山本五十六は連合艦隊首席参謀黒島亀人の奇想を買っていましたから、そのまま黒島を重用したでしょう。で、黒島は海軍甲事件山本撃墜事件の航空機には乗り合わせておらず、生き残っています。黒島は軍令部第二部長となり、特攻兵器「震洋」や、戦闘機による衝突撃航空特攻といった特攻兵器構想を推進し、水陸両用戦車「特四式内火艇」による奇襲攻撃など、現実的とも思えない作戦に傾倒します。山本がこれを認めたかは不明ですが、山本と考え方が近い井上成美は「震洋」に対して、「生還の可能性があるようにしてほしい」と意見具申をしているので、黒島の特攻兵器推進だけはストップさせたかもしれません。山本が戦死した1943年4月の時点で、どのような作戦を取ったとしても日本に勝ち目などありませんが、い号作戦を見る限り、戦機と見れば航空母艦から航空隊を分離し、基地で使いましたので、そのような作戦を多用した結果、艦載機の消耗が激しくなり、マリアナ沖海戦で空母9隻に悲痛な艦載機を供給できないことから、そもそも史実のような作戦が行えなかった可能性があります。で、サイパン失陥の責任を取り、予備役とかそんな感じでは。戦後は真珠湾攻撃の責任者として、A級戦犯となり、処刑されたものと思われます。あの人が最後まで生きていたら、真珠湾攻撃やミッドウェーの他、さらにアホ丸出しの作戦を繰り返し実行したはずです。そうなると、兵士や民間人の無駄死にはかなり増えたと思います。体勢に違い無いでしょう。そもそも山本五十六は最後まで大艦巨砲主義でしたから。ミッドウェーで奇跡的な敗北した後は打つ手は無かったと思います山本五十六自身、敗戦覚悟、死ぬつもりだったと思います戦死したときも、最前線の視察なのに護衛戦闘機を6機しかつけていません山本はいずれ死を選択したと思います。真珠湾で空母を討ちそびれ、無意味なセイロン遠征をやって、珊瑚海には空母ケチって豪州戦線を崩壊させ、ミッドウエーで主力空母を壊滅させてしまう。実質No2の近藤からミッドウエーをやらずに豪州遮断をやるべきと言われていましたけれど、その近藤は一連のソロモンの夜戦で最前線にいました。山本が安全な場所からアレコレ失敗した作戦の指揮をやっていたことで、それなりに批判が高まっていたのではないのかと思います。巷間大和ホテルと揶揄されたそうですが、山本を直接批判できないから山本が使っていた大和を代わりに揶揄していたのではないかと密やかに思っています。ソロモンで敵に押され出したのは日本側の戦力が不足して来たから。では、なぜ不足したのかと言えば無意味なミッドウエーでの消耗が痛かったからです。ミッドウエーの失敗の尻ぬぐいをソロモンの前線で戦う将兵がさせられている-現場の人間がそう考えるのが当然だったのではないでしょうか。ソロモンでは非常に多くの損害を出していて、同僚を失った将兵には不満が相当溜まっていたのではないかと思います。だから、山本は大和から降りて体一つで最前線の航空基地を回らざるを得なくなった。山本には自分も体を張っているのだと、味方の将官にアピールする必要があった筈です。それにミッドウエーで失った戦力が大きすぎて、大鳳や雲龍辺りが完成してくる頃には敵の建造力を考えると圧倒的に戦力が開いてしまうのは明確。山本には既に戦況を挽回する算段が無かったはずです。航空機の損耗が激しくて補充が間に合わない、パイロットの養成も全く追いつかない。これもすべて山本の作戦が原因です。結局、山本自身どこかで責任を負って戦死することを望んでいたのではないでしょうか。史実のタイミングで山本が死ななかったとしても、そう遅くないタイミングで危険な前線に赴いて戦死を遂げる。そんな未来になったと思います。そして、山本の死が多少遅くなったとしても日本側では航空機と空母艦載機のパイロットが既に消耗済みです。空母自体は翔鶴、瑞鶴、隼鷹、飛鷹が健在でも、そこで運用する機体がネックなのです。機体とパイロットの致命的な不足は覆いようがなく、戦況は何も変わらないでしょう。海軍甲事件で戦死しなくても、何も変わらないでしょう。作戦当初の南方資源を確保のため、占領地域の防衛強化や輸送路の確保を進めるべきなのに、少ない戦力であるにもかかわらず、山本の作戦は敵艦隊の殲滅や作戦区域の拡大させることしか考えておらず、その作戦のために貴重な戦力である艦船や航空機を消耗させており、物量に勝る米軍が反攻作戦をする時には、山本でもなす術はなく、日本軍は消耗戦に流されていき、海戦や占領地域も米軍に攻略されて敗戦が続くことで、山本のカリスマ性も落ち、周囲も山本を見る目が変わり、どこで戦争を終わらすか分からない状態のまま、日本は敗戦に進むと思います。戦死しなかった場合にはそろそろ連合艦隊司令長官から海上護衛総隊若しくは海軍軍令部長への転属時期を迎えます。他の配置では左遷になって仕舞いますからね。戦争の趨勢に付いては次期連合艦隊司令長官の指揮手腕と海軍軍令部の作戦立案次第になります。山本五十六が海軍軍令部長になった場合に自説を曲げるとは思えませんから無理な作戦を立案しようとして軍令部内からも連合艦隊からも煙たがられて仕舞うでしょうね!ミッドウェー作戦の失敗で山本五十六の戦争計画は既に破綻していますからどうにもなりません。山本五十六が部下の意見を聞いて調整推進役に徹する事しかないのです。航空機生産工場の増設に依る航空機生産能力を増やす事に力を入れるには山本五十六の政治能力を発揮するでしょうね!陸海軍の同一任務機を統一させる等には山本五十六の力が必要になります。金星エンジンを装備した戦闘機を次期主力戦闘機としたら連合軍戦闘機にもう少しは対抗出来たかも知れません。液冷エンジン搭載の飛燕や彗星は整備能力の高い本土部隊でのみ配置して最前線部隊に配置しない様にするとか出来たでしょう。変わらないと思います。ろ号作戦で空母艦載機をすり潰しても戦果が無かった。もう手持ちの戦力を消耗して アメリカの物量に押されてしまった時期です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です