弁護士が回答境界線 隣家の庇が我が家の土地に30cmほど

弁護士が回答境界線 隣家の庇が我が家の土地に30cmほど。民法第234条境界線付近の建築物の制限では以下のように規定されています。隣家の庇が我が家の土地に30cmほどはみ出しています どのような解決方法がありますか

隣家は昭和の建物、我が家は平成元年に建て替えました ことあるごとに庇が出ているので何とかして欲 しいことは伝えてきましたが、全く改善されません 法律にも詳しくないので、逆ギレしてくる人達に困っておりました

少し話はズレるのですが、隣人は何かと難癖をつけてくる人で、以前はNTTの電話線が隣人の土地の上空を通っているから撤去するように言われました 我が家はなるべく揉めたくなかったのでNTTの契約を解除しました
その際にどうやら線が残ったままのようで、そこから垂れる雨で屋根の瓦を止めている土( )が溶けて瓦がズレるから何とかしろと言うのです
我が家は既に契約解除しているのでNTTに言って欲しいことと、そんな事言うなら庇を何とかして欲しいと伝えましたが、大声で怒鳴ってきます

こんな状態なので平和的に解決するのは難しいと思うのですが、どのような解決策があるでしょうか

20年で時効という話も聞きますが、何度も庇を何とかして欲しいと伝えてあるので時効にはなっていないと思うのですが… 土地の境界線付近に隣地の越境物。越境物。あるいは支障物件という呼び方もしますが。これにはおもに次のような
ものがあり。対象物ごとに対応方法が異なります。不動産において。工作物等
の支障物件が隣地境界線や道路境界線を越える。境界線をはみ出している状態を
意味します。上記のケースでは。コンクリートブロック塀が越境しており。
その相手方越境している側に何度も足を運び訪問を続けました

隣家の塀や樹木がはみ出している。?民法条項『隣地の竹木の根が境界線を越えるときは。その根を切り取る
ことができる。』 木の根は。建物の土台を持ち上げてしまうほどのパワーがある
ので。先に切ることが認められているのです。隣。隣地に庇ひさしが越境している場合の対応方法を教えて隣家の屋根がこちら
の土地にはみ出ています -土地を先に購入後スポンサーリンク 隣家の庭木が
年々大きくなり。枝が伸び。我が家の敷地まできています。昨年他界隣の
土地の購入者が。両親が住んでいた家の屋根が境界をほど越境しているので
屋根隣家の屋根がこちらの土地にはみ出ています。先日土地を取得して。家を建てようと思っているものです。 現状の敷地は。隣の
建物が越境してcm程建っている状況で。建て替える際には敷地内

隣家の庇が我が家の土地に30cmほどはみ出しています。民法第条境界線付近の建築物の制限では以下のように規定されています
。 『建物を築造する場合には。境界線から以上の距離を保たなければ
ならない。 前項の規定に反して建築しようとするものがあるときは。隣地の
所有者ご近所さんの樹木が越境しているときの対処法をお教えします。お庭の樹木の落ち葉や成長した枝がお隣との境界を越え。自宅の敷地へ侵入して
くるとさまざまなトラブルを招きかねません。その時の敷地の樹木の枝や葉が
敷地の境界線を超えて。隣の家にはみ出しているケースも越境にあたります。
その土地の所有者が分からない場合は市役所や法務局で調べることができます。

隣家の庇が我が家の土地に30cmほどはみ出しています。いずれかを含む。隣家の庇が我が家の土地にほどはみ出しています ど隣の新築工事中での越境検査について。新築工事をする施主から。足場を組みたく私土地に入りますので????と。
民事でも戦いたいのですが。あまりにも当方の言い分を無視しているようで。
当方の屋根先は。境界線よりほど空けてあり。何度か土地を見に行く
うちに隣の家の土蔵の庇が境界を越えているのに気付きましたというのも隣の
土地との境界の壁にた土が我が家の敷地に流れ込んできていたので今度は主人
に担当者に電話をかけてもらうと。 「あぁ。土がはみ出ているんですね?隣家の庇が我が家の土地に30cmほどはみ出しています。

弁護士が回答「境界線。我家の敷地内に。境界線に枝葉がはみ出さないように木を植えたり。境界線内に
草花の鉢を置くことには。法律上問題ないのではありませんか?それから。
年ほど経ち。今では隣家が自分の敷地のように布団を垣根にかけるなどして使っ
ており気になります。この土地はセンター境界なのですが。隣家は基礎の一部
約を境界ブロックに密着させた状態で作っています。隣の家の外壁が私
の土地の境界線から狭いところで30cmしかなく。ほとんどが50cm以下
です。

民法第234条境界線付近の建築物の制限では以下のように規定されています。『建物を築造する場合には、境界線から50cm以上の距離を保たなければならない。2. 前項の規定に反して建築しようとするものがあるときは、隣地の所有者は、その建築を中止させ、又は変更させることができる。ただし、建築に着手したときから1年を経過し、又は建築が完成した後は、損害賠償の請求のみをすることができる。』よって、3cmの越境部分については是正を求められても致し方ありませんが、50cm以上離さなくてはいけないのは、外壁またはこれと同視できる出窓等であり、 庇ひさし等は含まれないと解釈されています。この件を役所に聞いて詳しい所轄に回して対処してみてはいかがでしょうか。不動産、相談オフィスを主宰しています。いま、あなたも隣家も「売却」などの意志もなく、平穏な日常かと思われますので、「庇」の越境に関する対処方法は困難かと思われます。仮に、いずれかが「売却」等をするなら当然、仲介業者に売却依頼するでしょうから、物件調査の際に「越境」が判明し、しかるべき対策は練るきっかけは発生したかも知れません。●現在の状況は「越境」状態で、これは「あなた」のみならず、隣家も含めて「瑕疵」物件状態です。瑕疵かし:隠れた欠陥そして本来、望むらくは隣家に「お宅もウチも越境物件」であることを伝え、解消しなければ、両家ともに正常物件ではありません。そして解決の一助は、◆土地家屋調査士に依頼して、明確な境界線?境界点を両家で確認し、越境問題に関する「合意書」を実印で作成することです。◆合意書の内容は、両家のいずれかが建て直しをする際には越境状態を解消し、正常状態に戻すことを確約することです。◆何とかしてほしい、等の曖昧な要請では無意味。平たく言えば、庇を切り取って境界線内にて留める強硬手段すら覚悟の必要があります。◆当事者同士ではラチが明かなければ裁判で争うことになりますが、これは時間も経費もかかります。なお、「時効」などは論外ですよ。時効になるのは明確な法規定があります。加えて、「平和的」に解決?、などは最初から考えない方が良いです。隣家が改善しない――時点ですでに戦闘状態だからです。以上、参考になれば幸です。????????????????????????????????????????返信されるなら「回答リクエスト」4千字可の方が詳細な回答ができますよ「返信」4百字。リクエストは直接、当方に受信されます。開くなら上記の公開IDからプロフィール左上の写真部分下をクリックで 可能です。再回答は翌日以後になる場合があります隣家との揉め事は、どちらかが引っ越すか諦めるか、時が経ってどちらかが先に死ぬかしないと、解決しません。自宅も似たような揉め事がありましたが、強硬派の隣家婆さんが死んで引っ越して行きました。勝てるから、民事裁判しても良いけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です