気管支喘息 小2の息子が2歳の時から喘息です 最近犬を飼

気管支喘息 小2の息子が2歳の時から喘息です 最近犬を飼。喘息とどう付き合っていくかにもよります。小2の息子が2歳の時から喘息です 最近、犬を飼いたいと言われ、賛成していたのですが、喘息にあまりよくないと調べてわかりました ちなみに喘息の状態は季節の変わり目に出なかったらラッキー といった感じです
また、それとは別に犬アレルギーにも不安があります ペットショップは問題ありません 実家で室内犬を飼っていたのですが、特段困ったことも起きませんでした 小型犬を飼ってる友人の家も大丈夫でした しかし、大型犬を飼っている友人の犬に舐められたとき、顕著に蕁麻疹が現れ、犬アレルギーなのかもと思っています

条件的にはあまり好ましくないかと思います
医療機関に相談しても、検査結果いかん、飼わない方がいいと言われるのはわかっています 非常に厳しい状況だと思います やはり、このような状態だと「飼わない」一択でしょうか

喘息もちだけど、犬を飼って問題なく過ごしているよという方や、犬アレルギーだけど対処しながら共生しているよという方いらっしゃいますでしょうか

飼う前の段階で
レンタルペットで一旦様子を見るのはどうかなとか(ただし長期的なリスクは予見できない)
ペットショップで相性を見るのはどうかなとか(犬によってアレルギーが出たり出なかったりするようなので)

安易な気持ちで飼うつもりではなく、飼えるならば迎え入れたい一心です 諦める覚悟もある上で質問させていただきました よろしくお願いします 「喘息のない生活」を目指して。と思った当日より。風邪の症状が一段落した2~3日後に喘息が悪化する点は要
注意です。運動すると。体に必要な酸素が増え。鼻からの呼吸鼻呼吸では
酸素の供給が不十分となり。「ハーハー」と口を開ける呼吸口呼吸となり。
その結果。乾燥最近は。気道の炎症をコントロールする有効な治療法により。
気道の慢性的な炎症が改善して。運動しても喘息発作が出にくくなりました。
イヌ?ネコ?ハムスター?ウサギは喘息を悪化 「どうしてもペットが飼いたい

小2の息子が2歳の時から喘息です。用賀アレルギークリニック。むしろ好きすぎて。実家に帰ったときにアレルギー症状が出て。自分が
アレルギーだったことを思い出す程です。ちなみに私はアトピーと喘息は治り
。主人はゴマとネコと犬がダメなので。アレルギーの家系だと思います。
離乳食を始めた頃からアレルギー体質で。歳半の頃に犬を飼っている方の車に
乗り犬と接触した際。鼻水?目の痒みの症状がでたので犬アレルギーのもし
動物アレルギーに特定の種類があるならば。検査をして犬が出なければ飼いたい
と思っています。こどもが犬や猫を欲しがったときに考えるべきこと。こどもに身をもって命の大切さを教えてくれる犬や猫を迎えたいと願ったとき。
親御さんはどのようなことに気を付けたらいいでしょうか筆者の場合。生まれ
たときにすでに犬が家にいて。結婚時も妊娠時も実家から連れていった犬匹が
いました。息子は生まれつき小児喘息がありましたが。アレルギー専門医と相談
し。息子の投薬管理をしながら育てました最近はペット可のマンションも増え
ていますが。犬や猫の体重制限や頭数制限があるところも多いです。

医師に相談アスクドクターズ。もし喘息のような状態になってしまっているのなら早く治してあげたいですし。
かと言って元気なのであまり病院に行く最近は誰もいない公園しか行ってない
のですが。そこで風邪をもらってしまったのか。 県内週間程新型コロナ
例えば。感染者の飼いネコと我が家の飼いネコが仲良くしていて???新型
コロナウイルス-についての質問息子は成人しております。22歳
です。5日に新型コロナの事があるからと体温をたまたま計り始めたばかりなん
です。小児ぜんそく。歳の子供ですが。日々咳をしています。かかる医者によって。ぜんそくだと言
われたり。違うと言われたりで困っています。 乳幼児のぜんそく発症の判断は
誰が診ても難しいものです。基本的には。息を吐くときにゼーゼーという音が
出る

気管支喘息。喘息ぜんそくは。息をするときの空気の通り道である気管支がせまくなり。
空気が通りにくくなる状態ぜんそく発作をくりかえす病気です。ところが
。最近には。空気の通り道に起こっているアレルギーなどの炎症で。それが
くりかえす発作によって持続すると。初めて喘息と診断される年齢や発作が
多いのは2歳から5歳なのですが。そのなかでも。年に1~2回風邪をひくと
ゼーゼー子供が小児喘息と言われたら。もしアレルギーを起こす原因物質がわかっていれば。それを子供のまわりから
除去するようにします。 〔〕自然によくなる割合が多い 小児喘息の約%気管支喘息。喘息の発作には。いわゆる軽い小発作から中発作。そして大発作まで。その程度
はさまざまです。発作が起きたとき。子供がどの程度の発作の状態にあるか
ということは対症療法の種類を選択する上で非常に大事なことです。最近は
貼り薬がありますので。これを使用します。静注用ステロイド ソル?コーテフ
ヒドロコルチゾン 歳以上の小児ではヒドロコルチゾンとして初回~/
を緩除できれば。夏に限らず冬も水泳をする習慣をつけていただきたいと
思います。

喘息とどう付き合っていくかにもよります。今は喘息は出ないように抑え込む予防治療を毎日する事でコントロールし、最悪出た発作も常備している吸入薬で事足りるようにする感じです。日頃は薬を使わず大きな発作が出たら急いで病院で吸入するような人には犬は絶対飼えませんね。日頃から薬を飲んでる人は、私もですが、アレルギーに過剰に反応しないようにする薬を飲んでますから私は室内犬と暮らしていても平気です。犬と暮らすために薬を飲むのは意味不明ですが犬と暮らさなくてもどうせ飲む薬ですから。なので、今後のお子さんの喘息がどれくらいコントロールできるかもう少し様子を見てから考えればいいと思います。今すぐに決断となるとナシだと思います。とにかく検査をすることですよ。犬アレルギーでも犬飼ってる大人何人も知ってます。猫も何人も知ってます。なんなら親戚にもいます。けど、子供さんにはきついですよ……抜けた毛が問題なことが多いので、毛の抜けない長毛ならいいかも。トイプードル、マルチーズ、シーズー、ヨークシャーテリアなどです。でも、絶対に病院で検査してからです。もし犬アレルギー出たら、小動物と鳥はあきらめてください。本気でお子さんが死にかねません_毛が抜けない種類いないので、喘息がひどいことに……ハムスターでもだめです。ものすごく毛が抜けるので。爬虫類はアレルギー出ないので、爬虫類っていうのは考えてもいいかも。フトアゴヒゲトカゲは大人になれば草食で、餌の昆虫要りません。ベビーのうちも、昆虫与えなくていい餌もありますよー。っていうのは、どうしても何か飼いたいってなったときの参考ってことで 汗どうしてもわんちゃん飼いたいと言うならトイプードルをオススメします。従兄弟が喘息持ちで犬の毛アレルギーですが、トイプードルなら大丈夫だそうです。匂いも少ないし覚えもいいですが、飼うとなるとわんちゃんと長い付き合いになると思うので3日くらいトイプードルをレンタルしてみて大丈夫だったらお迎えしてみてはどうですか?舐めぐせのない子をきちんとしたブリーダーで選び、犬の食器をきちんと清潔にし、犬の舐めたものを触らないを徹底していけばOKだと思います。子供が生まれたら犬を飼いなさいというように犬との生活は子供に良い影響責任感などを与えることが出来るのでお世話できるなら、お迎えしてあげたらいいと思いますよ小2の子は、ペットの世話はしないし、すぐ飽きるので飼わないほうが良いと思います。残念ですが、飼わない事をお勧めします。我が家は犬が二匹いますが、長男と私が飼育後にアレルギー発症しました。軽度ですがツライです。息子さんのためにも犬のためにも時期が来るまで待ちましょう。きっと違うことに目を向けるときがきます。よくトイプードルを勧める人がいますが、アレルギー反応は皮膚の表皮のフケで起こります。ですからエアコン内に侵入した表皮が掃き出し口からまき散らされエアコンをつける季節はアレルギー反応がひどくなりますよ。まずはアレルギー検査をするのが先ではないでしょうか。当然ですが犬アレルギーだったら飼えません。本当に多いのです。「子どもにアレルギーが出て…」という無責任な里親募集。喘息に関しては軽度の喘息で常に部屋を清潔にしていれば大丈夫な子もいるでしょう。実際私は幼い頃から気管支喘息でしたが、小学生のときから犬を飼っています。私の場合は気象季節の変わり目とか風邪によって喘息が出ていた気がするので、おそらく犬によって悪化はしていません。おそらくですが。ペットショップで触れ合ったり、レンタルペットで様子を見るのはいいと思いますよ。あくまでアレルギー検査をして陰性だった場合ですが。何人かの方がおっしゃっていますが、中学高校になれば体力がついてきて喘息がおさまることが多いです。私は水泳とか陸上で本当に体が強くなりました。重度の喘息でないならぜひスポーツさせて丈夫な体を作ってあげてください。ご自宅にお庭はありますか?または、お庭がある家に引っ越す事は可能でしょうか。もし、可能であるなら、お子さんに「すぐには無理だから、中学生になるまで気持ちが変わらなければもう一度話しましょう」と伝え『中学生になったら飼ってあげる』という言い方はダメですよ、中学生になったらある程度自分の体調を理解できて分別のつく年齢になったら喘息の事、犬アレルギーがあるかもしれない事、もし症状が悪化したらそれ以上飼えない事、それでも飼いたいか否かをきちんと聞き、それでも飼いたいなら、アレルギー検査を受けて、アレルギーがなければ、という条件で外飼いを。今小2なら、早い子は第二次反抗期が始まる、別の言い方をすれば、自分で考える力がつき始め、その考えを押し通したがる年齢ですから、泣いて「今じゃなきゃ嫌だ、飼いたい」と言い出すかもしれませんが、そこは聞き届けてもらってください。もちろん、中学生になって最終的に飼うとなったら、外飼いに向いた身体の丈夫な、かつ、息子さんの身体に負担のかからない抜け毛が少ない犬種で。もし、それでも喘息が悪化した場合は、責任もって里親を探してください。そんな状態なら飼わないでください。里親募集サイトに、子供がアレルギーになったため。って言うのが非常に多いです。まして、アレルギー起こす可能性が極めて高い状態でなぜ飼うのでしょう?いくら子供にせがまれても、理由を言えば子供だって納得しませんか?もしそれでも飼いたいなら飼っても良いけど、絶対に手放す様なことはしないでくださいね。責任もって最期まで。これは当たり前の事ですよ。私の知り合いで喘息持ちの息子さんがいながらウルフドックを飼われている方がいます。喘息持ちの為雨や天候の悪い日以外は外で飼っているみたいです。それ以外にも猫アレルギーだけど猫を飼っている方もいます。この方は軽度の為薬を飲みながら生活していますよ。ワンちゃんが舐めるか舐めない子かはその子の性格によるので飼わないと分かりません。うちのダックスは人が大好きなので顔や手をよく舐めますその反対でハスキーは割とサバサバ系なので舐めたりすることはしません。犬がいるという環境は子供にとってとても大切なもので、お互い毎日成長していくのがとても楽しいです。ですが、だからといって強制する訳じゃありません。犬を飼われて喘息やアレルギーが悪化する可能性もあるかもしれませんし、もしそうなった場合犬はどうなるのか。私が貴方の立場なら飼わないを選択するかもしれませんね。里親サイトを見るとわかりますがアレルギーで手放す人は、ほんと多いですアレルギーの種類も、毛、フケ、唾液などいくつもあるので、確かめるのも大変ですし今は大丈夫でも、アレルギー体質の人は長くアレルゲンに触れていることで新たなアレルギーが発症してしまいますコップの水によく例えられます、一定以上のアレルゲンにふれると、水があふれて発症する他人が大丈夫でも何の参考にもなりませんアレルギーのきつさは人それぞれですし子どもさんが大人になって、自分のつらさも覚悟の上で飼うなら、個人の自由ですが子どもでは、その判断はできません今はペット飼いたさで大丈夫というかもしれませんがそれは判断の基準にするべきではないです医療機関に相談して、その意見を尊重すべきと思います結局手放される不幸な子犬や、愛犬から引き離されて、心に傷を負う子どもさんなどが、出来ないことを祈るばかりです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です