法隆寺地域の仏教建造物 ~法隆寺など現存する木造建造物に

法隆寺地域の仏教建造物 ~法隆寺など現存する木造建造物に。法隆寺。~法隆寺など現存する木造建造物について~

お世話になります
例えばお城の天守閣では、築城当時から現存する12天守が有ります 定期的に修理が行われての現存であり、ある天守では全ての木組みをばらして、石垣だけになった写真を見た事があります 古い部材は交換して一から組み直し、土壁漆喰は新調となる訳で、それを現存と呼んでよいのか と最初は思ったりしました 創建当初からそのままの木組みで残っている木造建造物って、案外少ないのかもしれません

法隆寺ですが、やはり定期的に全部ばらして組み直したりしてきたのでしょうか 信頼。わが国で現存する寺として最も古い法隆寺は。聖徳太子が建立された寺として知
中でも金堂。五重塔を中心とする西院伽藍は。世界最古の木造建築物として
名高い。趣味 製作 リアル 忠実 再現模型 再現 夏休み 盆休み 冬休み 建造物 寺
仏閣 建物 建お世話になった取材先の皆さま。誠にありがとうございました。

~法隆寺など現存する木造建造物について~お世話になります。法隆寺 髙田良信執事長当時の著になる「法隆寺の謎を解く」年発行。
小学館に以下のような記述があります。 「法隆寺には飛鳥様式の建物をはじめ
。各時代の大変すぐれた建造物。すなわち堂塔が残っている。『日本最古の建造物を求めて奈良。建造物以外にも建築資材などは奈良時代よりもさらに古い飛鳥時代の物も多用
されているのが奈良です!奈良市街。斑鳩。明日香。そ』斑鳩?法隆寺周辺
奈良県旅行についてさんの旅行記です。元年年頃の再建で。
興福寺に現存する中で最も古い建物で。もちろん国宝ですし。さらに法隆寺夢殿
と金堂。五重塔。中門。回廊は聖徳太子在世時のものではなく世紀後半頃の
再建ですが。世界最古の木造建造物いつもお世話になっております。

法隆寺地域の仏教建造物。法隆寺?金堂 現存する世界最古の木造建築物。重層入母屋造り。膨らみ
エンタシスをもつ円柱が屋根と軒先をバランスよく支える構造。古代中国の
建築とも共通する装飾。建物を俯瞰した形がほぼ正方形であることなど。飛鳥
時代の建築なぜ法隆寺は世界最古の木造建築なのか。と考える人もいます。さらに日本は湿気の多い国であるので。菌が繁殖して
建物が劣化するリスクも法隆寺の建物の仕組みについて触れましたが。その
法隆寺を建てた人々についても触れておきましょう。実際に建造に~法隆寺など現存する木造建造物について~お世話にの画像。世界最古の木造建築「法隆寺」は。どのようなものか? 今回は現存する日本最古の建築物について調べつつ。建物
を守り抜く方法を考えたい。 焼失を乗り越え。年 現存最古の建築物とい
えば。年に聖徳太子が創建したという法隆寺だ。年。日本で初めて
ユネスコの世界中央部の独立した柱が何らかの形で揺れを抑える説。各層が蛇
のようにクネクネと揺れてバランスを取る説など諸説ある。 年には

現存する世界最古の木造建築物。法隆寺の建物のうち。五重塔?金堂?中門?回廊の四つが現存する世界最古の
木造建築物です。伽藍の中心である金堂は年には再建していたとみられます
。金堂。中門。回廊の柱には。エンタシスの柱が使用されるなど。

法隆寺 髙田良信執事長当時の著になる「法隆寺の謎を解く」1990年発行、小学館に以下のような記述があります。「法隆寺には飛鳥様式の建物をはじめ、各時代の大変すぐれた建造物、すなわち堂塔が残っている。これは一三〇〇年来の木造の建築物としては世界最古であるということで有名である。しかし、こうした最古の木造の建物が立派に残っているということの裏には、血のにじむような各時代の努力があったということを広く知って頂きたい。つまり定期的に一〇〇年くらいで屋根替えを、三〇〇年くらいで大修理をするということを繰り返さずには一三〇〇年間は維持できなかった、ということを強調したい。つまり、そのような修理ができたからこそ現存しているのである。中略 飛鳥時代の建物であれば、三〇〇年後の平安時代には大修理が必要になってくるが、そのときの修理は平安時代に流行した技法を持って行っている。そのつぎに大修理をしているのが鎌倉時代である。鎌倉時代には鎌倉時代に流行した技法をもって修理をしている。その技法はもちろんのこと、工具も鎌倉時代に流行したものである。とくに屋根の勾配なども鎌倉時代に流行した勾配にかわっている。中略 昭和九年から始まった昭和の大修理の特徴は、できるだけ建物当時の姿にもどそうということであり、それはこの修理を始めたときからの大きな目標であった。たとえば奈良時代の建物であれば、奈良時代の建立当初の姿にもどそう、飛鳥様式のものであれば飛鳥様式にもどそうという努力がなされたのである。 そこで出来る限りの資料をもって建立当初の姿に近くなるように、技術面、研究面で大変な努力のもとに、昭和の大修理が行われたのである。 昔の工具に槍鉋というのがあるが、この槍鉋は中世の頃にはすでに絶えていたという。昭和の大修理、とくに金堂や五重塔の修理のときには飛鳥様式、奈良時代の建物をつくるときには槍鉋を使っているので、槍鉋はこのようにして使ったのであろうという研究の結果槍鉋を復元して使用したのである。中略 同時に、この一三〇〇年来の各時代の修理において、各時代の特徴をもって復元をしたのであったのに対して、昭和の修理は、かつて一三〇〇年来見たこともない姿の復元ではなかったかと思う。今回の場合は昭和の技法をもって修理したのではなく、なるべく建立当時の姿にもどそうということに重点をおいて行ったもので、昭和の技法というものが表面に表われていないのである。 それ以前のものは、明治にしても元禄にしても、その時代の特徴というものを表面に表わしている。たとえば瓦一つにしても、元禄時代だと徳川政権下で葵の紋をあげている。しかし昭和の場合は五重塔あるいは金堂などでも、いちばん当初使われていたであろうという瓦を復元してのせている。昭和の大修理といいながら、かつて例をみない、復古調という新しい修理の方法で行ったからである。」私は、建築とは本来実用品であり、そのため、時代の流れの中で更新され続ける運命にあるものだと思っています。とくに木造建築は石造建築に比べて耐久年数が大幅に短く、そのため大修理の必要性があり、どこかの時点で費用を天秤に掛け、修理か再建築か、という判断の分岐点にさらされます。いっぽうで木造建築は修理が容易であり、解体修理の場合でも部材を丸ごと入れ替える必要がないため、費用を安く抑えられるという大きな特徴があります。このことから、気候風土的に日本という国土に適合した木造建築が、「修理、改築を前提として」伝わってきているのです。このことが重要なのです。木造建築が、「創建当初からそのままの木組みで残っている」はずがありません。「修理、改築が前提」これが木造建築なのです。しかしながら上の文章にあるように、修理改築はその時代の技術の影響を受け、さらに寺院にあってはその規模から、修理といえども費用は巨額になります。髙田師の著作には、江戸元禄の大修理における費用捻出の苦労、明治の廃仏毀釈で被った経済的困窮のために寺宝を手放したり、それでも費用が足りず明治の修理を終えるのに30年もかかったことなど、1300年の建築物を伝えていくための大変な苦労が綴られています。さて明治以後にわが国に建てられた、木造以外の大規模建築のうち、どれほどが残っているでしょうか。もちろん震災戦災という不幸もありましたが、それ以上に経済的な理由で、それもお金がないという理由より逆の、もっと経済効果を高めたいという理由で、明治大正の芸術的な近代建築が、いとも無残に破却され無味乾燥なビル建築に置き換わってきたのが、わが国日本の現状です。かのライトが設計した帝国ホテル?ライト館はわずか50年の命でした。 このように、現代のわが国においては「資産」ではなく「消耗品」の位置づけの建築物が、それが木造であるがゆえに部材を入れ替え、壁土は新しくなったとしても、「発掘された遺跡」ではなく、メンテナンスをされ続けて残ってきた現役の木造建築物は、人々のたいへんな苦労の結果「残っている」それだけで大いに価値があることなのです。人々の苦労が、お金が、続かないから、ふつうは消えてなくなるのです。ちなみに古建築の修復では、壁土は完全に新調されるわけではありません。壁土は古い土ほど良質のため、丁寧に取り除き、不足分は新しいものを追加したうえで練り直して木工事中は大切に保管しておき、左官工事の工程を待つのです。法隆寺の現存世界最古の木造建築物の五重塔、金堂は過去数回解体修理が行われ、最も最近は昭和17年1月8日から五重塔の解体が始まり、戦争中を通して修理が行われ、再び組み上げが始まったのが昭和21年。その後金堂の焼損という事故も経験しつつ、金堂の修理修復も合わせて、すべての建物の修理が終わったのが昭和36年6月。以上は上記の書物によります。これまでのことよりも、私はこれからの人口激減のわが国が、このような財産を今後どのように守っていけるかのほうが、心配でなりません。他の回答での解説です土壁のことなら専門である左官屋の私の方が詳しいので解説しますまず土壁には土の中に「藁すさ」と言うものがあります藁すさは無機質な土とは違い有機質ですその為、藁すさは微生物によって分解されて指で潰すと独特な「粘り」が出ますしかし、分解されると藁すさはなくなってしまいますなので定期的に藁すさを入れては分解されてを繰り返しますそうすると土そのものに粘りが出ますこれは土が元々持っている粘りとは違い、左官用語で言う「糊」のようなものになりますこの土のことを上質な土と言われています理由は上質な土を使った蔵を解体しようとしても土壁がシナってなかなか壊せないと言う話から、上質な土は壊れにくいものなのです上質な土が少ないのではなく、土を寝かせる期間が長い為に作るのが大変なのです昔の土は上質と言うのは熟成された土だからです土壁は長年支えてきたものなので当然、上質でないはずはないとも言えます結論上質な土が少ないのではなく、作るのが大変さらにもう既に長年熟成された土だからこそさらに上質なものになっているです☆、貴方様の現存建物と重要文化財建物と建築基準法第3条の法的な解釈と一般個人的な解釈と取る意味が異なります。貴方様が云う現状建物は建築基準法第3条建物で、個人が維持管理とした建物とします。公的機関が指定文化財としての維持管理は、文化財法の改築とします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です