焦点:参院選 参議院選挙が行われますが自民党が大敗した場

焦点:参院選 参議院選挙が行われますが自民党が大敗した場。併せて安倍一味も。参議院選挙が行われますが、自民党が大敗した場合、消費税増税は見送られるのでしょうか 衆議院?参議院。同時に野党の再編が一気に進み。民進党は分裂し。希望の党と立憲民主党が設立
。安倍政権の継続の是非を争点に。自民?公明の与党。希望?維新。共産?立民
?社民をそれぞれ中心とする自民公約。自民党は7日。参院選公約を決定し。発表した。10月の消費税率10%への
引き上げを明記したほか。憲法改正の実現を重点項目に掲げるなど。おおむね
2017年衆院選公約を踏襲した内容となった。外交分野では党…民主党が消費税増税で大敗第934号。「ねじれ国会」で「戸別所得補償」実施が不透明に 月日に投開票された
参議院選挙で。民主党は。改選議席数のを大きく下回り議席

次回の衆院選はいつ。前回は年月に行われた衆議院解散総選挙以下衆院選。今年月に行われ
た参議院議員選挙においては。「衆参同時選挙」のうわさもありましたが。実現
はしませんでした。では。次の衆院選はいつ行われるのでしょ焦点:参院選。[東京 2日 ロイター] – 令和時代に入って最初の国政選挙となる参院選が4日
公示され。21日の投開票日に向けて選挙戦が展開される。与野党の主張が対立
しているのは。10月から実施される消費増税。与党は引き上げ参議院与野党逆転。参議院与野党逆転 第十五回参議院議員通常選挙は。宇野宗佑内閣のもとで平成元
年一九八九七月二十三日に行われた。この選挙は。自由民主党の過半数維持
か。消費税反対を正面に出した日本社会党と他の野党がどれだけ議席を増やすか

図解?政治参院選2019?消費税増税に対する各党のスタンス。グラフィック?図解。 参院選公約では。今年10月の消費税率10%への
引き上げに関して。与野党で主張が完全に割れた。与党は。景気対策をアピール
した上で予定通りの増税を掲げた。これまで国政選挙の「鬼門」とされ

併せて安倍一味も ?_?ノΞ●~*南無安倍駄仏~-。-y-~自民も野党も同じ穴のムジナです。国民を騙す狸と狐です。日本国民あなたは米国民の「2.36倍」も税金を盗られ、それを国会議員、公務員、医者に分配され、食い潰されています。議員歳費は2200万英国は約960万、公務員年収約800万米国は約509万、の「バカな政治」をして、国民の生活、日本経済はガタガタです。こんな米国よりも2.36倍1人当たりも、議員、公務員等に税金を使う「バカな政治」をして財政が破綻しないハズが有りません。破綻するのは当然です。日本経済が良くなるハズが有りません。国民の消費が増えるハズが有りません。年金制度が安泰であるハズが有りません。国民は貯蓄出来るハズがありません。バブル崩壊後、失われた30年も当然で、国の借金1100兆円です。財政危機、破綻は当然の結果です。国会議員は、 高いうな重を食べて、支払いは国の借金1100兆円と税金で国民に回そうと連中です。政治家、官僚は国民を搾取して贅沢する為の、道具と思っています。知恵袋でも、狸、狐議員、官僚が贅沢する為に、サクラ的回答をして、国民を騙そう騙そうとしています。現在の狸、キツネ議員ではなく、まっとうな議員に、主権者である国民あなたもがすることです。「議員数、歳費5割削減」しないと、まっとうな議員には、なりません。「バカな政治」をしている国会議員の参院選は議員数、歳費の5割削減の表記での投票か?ボイコットです。消費税は国会議員、官僚が贅沢する為の財源になっています。国民年金納付率は40.3%で実質は破綻状態で、補填分60%は借金となり、国の借金は増大するばかりです。財政悪化の原因は、NHK芸人の出演、公演費は税金、医療費医師の水増し不正請求、公務員高給与、国会議員の税金の食い潰しです。米国ホワイトハウスでさえ、大統領補佐官の年収最高額は年収1782万、スタッフの平均年収761万です。日本は一人当たりGDPは米国の67%の低貧国です。761×0.67=509万円以下が日本公務員年収が妥当であるのに、日本は国会議員が公務員年収800万の「バカな政治」をして税金を食い潰し、財政破綻、預金封鎖の寸前です戦費で巨額を浪費した日本は戦後、財政破綻し預金封鎖した前科国です。現在、平均年収420万の日本が、平均年収800万公務員を基準にした「バカな政治」をして1100兆円の借金に、借金を重ねる自転者操業の日本は財政破綻、大量失業者が溢れます。「議員数、歳費5割削減」をしない限り、財政破綻します。「バカな政治」をしている国会議員の参院選は議員数、歳費の5割削減の表記での投票か?ボイコットです。税金を食い潰すだけで、見識がない「バカな国会議員丸山穂高等」都市議員の、議員数、歳費の5割削減の声を上げない「バカな国民」の終着駅は財政破綻、預金封鎖、大量失業者です。可能性はありますね。一方、自民が大勝した場合は、可能性なし。どこが勝ってもすでに間に合いません。安倍内閣の選択肢として、米中貿易戦争を原因として消費税増税延期で衆参同日選挙というのがあったのですが、金融庁からの年金2000万円不足報告書爆弾で吹っ飛ばされました。このシナリオのみが増税延期の手段でした。法律によって規定されているので無理ですね。凍結か廃止の法案を出してそれを通さなきゃいけないんですが、選挙明けの臨時国会から動き出したってもうおそすぎます。立憲も国民も消費増税延期は選挙対策だと批判してたんですよ。改選されるのは参議院の半分 大した話では無い。今回改選される議員たちは 自民が大勝した時の議員なので 自民の議席はある程度減るのが普通。どのラインを大敗と言うかは微妙だが 改選しない議員と合わせ 公明党と合わせ 安定過半数がボーダーラインだろう。自民党が負けた場合は100%上がる、自民党が現状維持以上で勝った場合のみ延期の可能性が残る。次の参院で野党がいくら勝とうが参院での過半数はあり得ないので単に安倍の力が衰えるだけ、消費税を再延期できる条件は安倍が力を維持できた場合のみだから負けたら100%上がる。消費税増税は民主党野田政権で法案化され、民主党でも自民党でもあげないと違法になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です