神の国の食卓 全然キリスト教には詳しくはないんですがキリ

神の国の食卓 全然キリスト教には詳しくはないんですがキリ。地獄とは、最後まで自分の自由意志で神様を拒絶した人が自らの意志で行くところです。全然キリスト教には詳しくはないんですが、キリスト教の地獄ってなんのためにあるんですか
あるブログと知恵袋の回答を見て、モヤモヤしてます なぜ愛であられる神が人を地獄に送ることができるのでしょうか。これは。世間がキリスト教に対して抱いている典型的な疑問の一つです。人を
地獄に送るのは神ではなく。あなた自身です。神は。あらゆる手段を尽くして
あなたが地獄に行かないようにしてくださっています。その上で。ロボットの
ようダンテの『神曲』の世界へようこそ。ダンテが誰なのか。『神曲』はどんなものなのか。は全然わかんない… そう。
それが普通かもしれませんこれは。キリスト教の教義の「三位一体」という
考え方に基づいているとされています。 三位一体 さんみいったい と

全然キリスト教には詳しくはないんですがキリスト教の地獄の画像。セカンドチャンス質疑応答。彼もまた既成のキリスト教にふれて育ちましたが。やはり。 「キリスト教を信じ
ないで死んだ人はみな。いま地獄へ行っている」 と説くアメリカのキリスト教会
に深い反発を覚えたのです。そして。 「人間の魂は。肉体の死と共に消滅する。「神の国の食卓」。その「三尺三寸箸」説話のもとになったと思われる古い寓話が。ユダヤ教の書物
によって伝えられていますので。今日はそちらをご紹介したいと思います。
地獄の食卓では真ん中に美味しそうなスープが出されているのですが。右手には
とてつもなく長いスプーンが縛り付けられ今も。そう感じられた方が
いらっしゃるのではないでしょうか。今日この場での限られた時間では。これ
までの人生を詳しくお話しすることはとてもできませんが。大学の理工学部を

「O?パレオロガス/」コンスタンティン。冒頭の悪魔祓いの場面でキリスト教的トンデモ?ワールドの映画と知って。また
。のっけから煙草スパスパで。なんか煙たいヤニ臭い15歳から毎日30本
吸って肺癌で死んだらそれは「自殺」で地獄行きになってしまうので。それを
嫌った主人公が。自分の命とでもないし。というあたりが「強引過ぎ」に
はしった理由なので。あまり深入りするつもりは無いんですけど。これはどうか
な。などという話しとは全然“次元”が違うレベルの高低という意味では無く
のです。

地獄とは、最後まで自分の自由意志で神様を拒絶した人が自らの意志で行くところです。神様はすべての人が救われることを望んでおられますが、同時に人に与えた自由意志も尊重しておられますから、その人が選択した結果を尊重されます。地獄とは神不在の場所を指す言葉で、そこがどのような状態なのかは正確にはわかりません。下のaveさんという回答者の方が書いていることが最も的を得ていると考えられます。それほどはっきり、「地獄」と言う概念があるわけではないと私は思います。?δη?、いわゆるギリシャでいうハーデースですよね。イスラエルでも一応該当する言葉があるけれども、それは要するに「死後の世界」と言う意味合いしかないと思います。なので、日本語でも「地獄」ではなくて「黄泉」などと訳す場合もあります。天国η βασιλε?α τ?ν ο?ραν?νというのは、最終的な解決です。それ、アダムが追放される前のエデンの園、永遠の命、キリストが十字架にかかってやっと開いた究極の目標でしょ。実は大変なんですよ。一方で、一般的に死ねば黄泉という概念は当時の一般的な概念で、特別に「こっちは天国でこっちは地獄」みたいなのは後の世の人が「聖書にこう書いてあるからこうであるはず、ああであるはず」とどんどん膨らませていった概念だと思います。それで、やれ舌を抜かれる、やれ焼かれる、やれ針の山、やれ血の池とかなんとかは考えなくていいと思う。もっと普通の感覚を持っていていい。普通の人間の感覚なら「死ねばどうなるだろう」というのは十分インパクトがある自省じゃないですか。キリスト教漬けになっている多くの人が、毎日毎日やれ天国だ、やれ地獄だというものだから、普通の人が当たり前に感じるような事柄に対して麻痺していると自分は思います。それはやめたほうがいい。もっと素直でいていいと思うんです。福音書に書いてあるキリストが言う法則性のほうにご注目なさいな。それが実人生で「なるほど」と思えるなら、そのほかの疑問は自然に解消するでしょう。地獄の解釈がひとつではないようです地獄が地上での死後永遠に苦しむ場所という解釈をしていない組織もあります人はもともと死を経験するはずではありませんでした。死とは意識がなくなり体も分解されます。無意識?無存在になります。神がゆるされる者は復活があります。地獄というのは死んだから地上でないにいない、人間にとって 共通の墓場ともいうべき場所です。信者にならないと地獄に落ちると脅迫して、入信させその心を支配して献金を払わせるためです。マルコ福音16の16信じて洗礼を受ける者は救われるが、信じない者は{滅びの宣告}を受ける。ヨハネの3の36御子を信じる者は永遠のいのちを持つが、御子に聞き従わない者は、いのちを見ることがなく、{神の怒りがその上にとどまる}。第2テサロニケ書簡2/12こうして、真理を信じないで不義を喜んでいた者は皆、裁かれるのです。ペテン宗教の原形がキリスト教です。原型はパウロというのが考え出したのでしょう。最初の宗教産業です。救いと裁きは、勧誘のための飴と鞭で洗脳テクニックです?洗脳は、脅迫、安心、隔離、依存、という過程で進みます。1、人には原罪があると脅迫する。脅迫2、キリスト教に入信すれえば救われるといって誘い込む。安心3、キリスト教から離れると罪に溺れ地獄に落ちると言い人の心を縛り付ける。隔離4、最後の審判でキリスト者は天国未信者は地獄と言って、特殊な優越感とともに空手形を渡す。依存、オーム真理教も創価学会も、多くの悪質な新興宗教もこのキリスト教の勧誘テクニックを基本にしています。異教徒は地獄というのは新約聖書の思想です詰まる所、之も信者の囲い込みの技術です。ユダヤ人を迫害?大量殺戮を繰り返し、多神教徒を皆殺し、十字軍では女子供も皆殺し、年老いた老女や?女医を魔女と決めつけ皆殺し、近代の帝国主義世界侵略でもその先鋒として植民地の宗教を弾圧し改宗か死と迫り拒絶するものは皆殺し、インデオも皆殺し、女子供に至るまで皆殺し、食料を分けて助けてくれたインデアンも、皆殺し、アボリジニーも皆殺し、原爆投下も共犯で隣人愛とうそぶき、???今、虐げられている自分たちを救ってくれる本当に強い王がいる、やがてその王が支配者となって、わたしたちの敵を滅ぼしてくれる、という強い願いから出来ました。彼らにとって、王=救い主=油を注がれた者=メシア=キリスト、なのです。新約聖書?テモテ1:6神は、祝福に満ちた唯一の主権者、王の王、主の主、唯一不死の存在、近寄りがたい光の中に住まわれる方???。この神に誉れと永遠の支配がありますように、アーメン。聖書の神は絶対王です。神は絶対的支配者ですので、自分に従わない者を赦すことはありません。「聖なる、真実な主よ。いつまでも裁きを行わず、地に住む者に私たちの血の復讐をなさらないのですか。」額に神の印を押されていない人間にだけ害を加えるように言い渡された。四人の御使いが、人類の三分の一を殺すために解き放たれた。口からは火と煙と硫黄とが出て、人類の三分の一は殺された。 「この世の国は私たちの主およびそのキリストのものとなった。主は永遠に支配される。」「万物の支配者、常にいます神である主。あなたが、その偉大な力を働かせて、王となられたことを感謝します。諸国の民は怒りました。しかし、あなたの御怒りの日が来ました。死者の裁かれる時、あなたの僕である預言者たち、聖徒たち、また小さい者も大きい者もすべてあなたの御名を恐れかしこむ者たちに報いの与えられる時、地を滅ぼす者どもの滅ぼされる時です。」 「行って、神の激しい怒りの七つの鉢を、地に向けてぶちまけよ。」第一の鉢を地に向けてぶちまけた。すると、獣の刻印を受けている人々に、ひどい悪性の腫物ができた。第二の鉢を海にぶちまけた。すると、海は死者の血のようになった。海の中の命あるものは、みな死んだ。第三の鉢を川と水の源とにぶちまけた。すると、それらは血になった。 「常にいまし、昔います聖なる方。あなたは正しい方です。なぜならあなたは、このような裁きをなさったからです。彼らは聖徒たちや預言者たちの血を流しましたが、あなたは、その血を彼らに飲ませました。彼らは、そうされるに相応しい者たちです。」 獣と偽預言者は、硫黄の燃えている火の池に、生きたままで投げ込まれた。残りの者たちも、馬に乗った方[キリスト]の口から出る剣によって殺され、すべての鳥が、彼らの肉を飽きるほどに食べた。新約聖書「ヨハネの黙示録」6:9?19:21ここに書かれている<未来のキリスト>の姿は、「自由人と奴隷、小さい者と大きい者」を、剣で殺して行ったり火と硫黄の中に投げ込んで行ったりする軍神「王の王」です。ここに描写されている神の「御怒り」は、新約聖書「ヨハネの黙示録」の描く神です。激しい復讐心にかき立てられて書かれた<復讐の書>です。自分たちの教えに反逆する者は、最終的に殺されて当然、神の目から見て正しい、とする考えは、新約聖書キリスト教の教えそのものです。地獄は人間を育てるための親の愛の仕組みの中にあります。宇宙の創造は主の分身分霊の人を自分のように育てる楽しみを思いついた主がその夢を三次元界にあらわしたのです。人を育てる畑が地球で、地球を支えるために宇宙が創造されたのです。主の思いが不可視の空で霊界で、可視の色界を物質界といいます。人の精神は霊界に属し、肉体は色界に属し、カラーは殻田で精神、魂を育てる入れ物で、精神を育てる肉体は女で助で妻で母である、このエバはすべてのものの母となったとあります。精神と肉体はアダムとエバで、で、仇武の力を発揮するための仇を穢場といい、汚床の獣性本能で神性精神に噛みつく腹の虫の蝮真無視=憂蛇ユダです。噛みつく肉体を精神が治める戦い反省悪阻によって人は育つ、この計算をカミといい、天に向かうIの縦の火の命と、寝の怠け、水の横気の腹の虫の戦いと和合のクロスが正で、プラスの繁栄の産土力-+1=十→オ=第三者の誕生、主他力の本願といいます。人の1+1=2の努力に他力本願が加えられる、これが繁栄成長の神と人の約束であります。人は地に埋められた種シード=始異土、四、死意奴が出発で、梯子を架けて天に昇り帰る、バベルの塔の階段を上る,虹を架ける思いと努力が必要です。兄カイン。果成る祝い,悦びの因は弟アベルあ阿,辺に鐘、bellを鳴らす運を殺して地に埋めた。人は肉体の門の中で天国への脱出,帰還を目指す天命を担う希望の星である。これが間の意味です。天に抜ける径は狭く、地獄への穴は歩き続けなければすぐに落ちる大きな穴が開いている。この厳しい現状。プレゼントは天国に入る褒賞プレゼントが素晴らしいものであることを教えられているのです。ゆえに何〇回もの輪廻を繰り返すこと、肉体界で汗をかき、幽体界地獄で魂の反省浄化してまた肉体を得て汗をかく、長い長い命の旅が必要であるのです。宇宙に空界、地獄界、色界がある、人間も霊体、幽体、肉体、スピリチャル、アストラル、フィジカルの三層でできています。間=門に日=肉体月の中の日幽体と霊体、間→天に結晶星、神上がりするまでは、人間生活の生死を繰り返すことが宿命である。今世の生きざま、因果応報の結果が幽界での洗濯場地獄の位階を決定し、持ち越した魂の汚れが来生の宿命、運命に影響する。人の誕生は罪人である、罪=罒非,盲目で心が左右に分かれた赤ん坊である、左右を統一サウス=南、エロスして創造主の丰すがたになるには反省悪阻のミカエル、妊産婦の出産の精進真理矢、マリヤが必要であるのです。地獄に会う=ヘル、メット、頭を天から隠す、666→999=頭を天に向けて究明に生きることが人を神に育てる路である。女666の獣性本能は頭の角を隠さなければ結魂できない。漢字,地理、歴史,高麗犬、一切神の声、最後の学問「秀思學」のすすめ人間は水を吐き続け法なければ沈没する以下に異端と対比させた分かりやすい説明があります。 キリスト教の異端でない教義では、信者には死後天国があって、そして未信者は死後地獄に落ちて永久に燃やされるとされています。牧師のHPより引用聖書は、私たちがイエス?キリストを自分の主であり救い主であるという信仰を持っていたかどうかによって、死後天国に行くか地獄に行くかが決まると言っています。私たちが肉体を離れるということは、信者にとって主とともにいることなのですIIコリント5:6-8。未信者は地獄、または死者のための場所ハデスに送られますルカ16:22-23。イエスが2度目に来られるとき、私たちは新しいからだを受けますIコリント15:50-54。信者のためには新しい天と新しい地があり黙示録21:1、未信者は永遠に続く火の池に投げ込まれます黙示録20:11-15。死後には贖いのための2度目のチャンスはありませんへブル9:27。死後悔い改める機会は与えられない全ての人間の永遠の運命は、死んだ時点で決定される。したがって、一度地獄に行った魂が、後から悔い改めて天国に行きたいと神に願ったとしても、それは一切聞き入れられない。[iv]また、一度天国に行った人間が、後から地獄へ行くということも無い。天国と地獄は永遠の場所なのである。より正確には、神の臨在から断裂された領域は、千年王国の終わりまでは「ハデス」という言葉で表されている。しかし、千年の後の「白いみ座の裁き」が終わると、ハデスは、第二の死を表す火と硫黄の燃える湖」という場所に投げ込まれる。全ての不信者は、その湖で、永遠に苦しむことになる。キリスト教では良い事をして神様から認められた人が死後に行く所が天国、悪い事をして神様から罰された人が死後行く所が地獄。佛教は基本的に死後は六道輪廻のどこかに転生するとされており、今生きている上に天界があるがその天界でも寿命があり寿命が尽きればまた六道輪廻のどこかに転生するとされており地獄も人間界のしたにある世界とされている。 佛教の最終目標は六道輪廻からの脱出即ち解脱である。佛教では悟りを開くと佛様になってそれぞれの世界をもつとされそれを浄土と言うよく極楽浄土と天国が間違われるが、極楽は阿弥陀様の浄土で、阿弥陀様の本願におすがりして極楽往生して教育を受けて佛様になろうとするのが、浄土系である。ちょつと脱線しました。悪人主なる神様を信じない者に対する刑罰。「イエス?キリストによる救いの知らせ福音」神様から全ての良いものは流れ出るのですが生前に悪い生き方をした人たちは死後、自らの悪事が隠しようがない事を知って神様の前から逃げ出すんですね。??神の不在が地獄です。信者を恐怖で縛り付ける為にあるのです。昔の日本人の多くは「キリスト教は天国に行けるありがたい教えなのは分かった。でも、ご先祖様はそのありがたい教えを聞くことが出来ずに地獄にいらっしゃるのなら、私は、地獄に行きます。」って断っているのです。自分だけ良くなりたいなんて考え方は昔の日本人には無かったのですよ。賞罰的存在です、つまり相対的に天国を存在させ教えを守らせる飴と鞭の鞭にあたります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です