第150回をあてる TACの第150回あてるTAC直前予

第150回をあてる TACの第150回あてるTAC直前予。たとえば、親会社の持分80%で平成3年度の連結修正仕訳で、過年度の子会社の利益増加分について利益剰余金170,000/利益剰余金212,500非支配株主持分42,500/+利益剰余金62,500/非支配株主持分62,500と考えても、当期純利益312,500。TACの「第150回あてるTAC直前予想」の問題について質問です

第三予想問題の第3問なのですが、連結後2年目の開始仕訳において、1年目の配当金の仕訳修正がされていません

2年目の仕訳 修正では配当金の修正がされています
1年目の配当金の修正は、しなくていいということでしょうか
連結精算表の剰余金の配当にも、¥212500とは書いていません

問題文には、下記が書いてあります
(1)平成?2年度において、¥212,500の利益配当を行い、¥312,500の当期純利益を獲得した
(2)平成?3年度において、¥240,000の利益配当を行い、¥365,000の利益を獲得した

明日が簿記試験というのに情けない話ですが、ご教示ください
よろしくお願いいたします 第150回をあてる。届けも可能。また第回をあてる 直前予想 日商簿記級もアマゾン配送
商品なら通常配送無料。在庫あり。 在庫状況について年月に行
われる第回日商簿記試験に向けて。問題?答案用紙を本試験そっくりに
つくった。

メルカリ。第回をあてる直前予想日商簿記級」株式会社簿記検定講座定価 ¥
#株式会社簿記検定講座 #日商一目でわかる「合格うかる下書用紙」
が 全問題についています! ○何回でも! 答案用紙ダウンロードサービスつき!既刊書籍?改訂予定検索。, 年度版 日商簿記級 網羅型完全予想問題集, –,
例年月改訂 , 究極の, 第回をあてる
直前予想 日商簿記級, –, 本試験約ヶ月前改訂 , 無敵

たとえば、親会社の持分80%で平成3年度の連結修正仕訳で、過年度の子会社の利益増加分について利益剰余金170,000/利益剰余金212,500非支配株主持分42,500/+利益剰余金62,500/非支配株主持分62,500と考えても、当期純利益312,500-剰余金の配当212,500の純額100,000を按分する仕訳利益剰余金20,000/非支配株主持分20,000として各勘定科目に影響する額としては同じだということではないですか。非支配株主持分=借42,500+貸62,500=貸20,000利益剰余金=借170,000+貸212,500+借62,500=借20,000で同じになります。ただし、注意するのは、支配権獲得時にのれんが発生している場合は、後の年度でのれんの償却が必要なことです。実際に問題を解いているわけではなく、皆さんがこのことでよく質問があることを申し上げているに過ぎないのでご容赦ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です