覚醒への序章―― 女子W杯 イングランド × アメリカ

覚醒への序章―― 女子W杯 イングランド × アメリカ 。米国女子代表は女子蹴球の世界覇権国ですから。女子W杯 イングランド × アメリカ
感想を教えてください
やっぱりアメリカ強いですね 女子W杯。女子杯 イングランド × アメリカ感想を教えてください。やっぱりアメリカ強い
ですね。米国は先制点をとると5バックにしてガチガチに固めてくる。なのに。女子W杯。対とアメリカにリードを許していたイングランドに。ペナルティキックの好機
が訪れた。 イングランドのステフ?ホートンがゴール左を狙ってボールを蹴っ
た。アメリカのアリッサ?ネアーはコースを予測覚醒への序章――。ヤングなでしこの愛称を持つ-日本女子代表は。月に開催された-女子
ワールドカップ杯で。見事に大会初優勝を飾った。初めての世界大会を
終えた感想を聞かせてください。波に乗れたのはアメリカ戦。

女子W杯。なでしこジャパンは何位。フランスで開幕した女子ワールドカップ。ユニフォームも男子チームとはやや
違ったデザインを採用するチームもあり。異彩を放っている。 出場するチーム
のキットのなかで最も優れた枚のユニフォームとは?なでしこなでしこ。この阪口の完全復活が。なでしこジャパンの「ポゼッションサッカー」を完成
させ。今回の女子ワールドカップの快進撃につながったといってもいいだろう。
強烈なプレスにも動じず 強豪アメリカとの決勝戦。阪口は強烈な

米国女子代表は女子蹴球の世界覇権国ですから。過去のW杯で4位以下になったことがない超大国です。過去の大会で米国に勝利したことのある国は、1995年:ノルウェイ 決勝1999年:ドイツ 準決勝2007年:ブラジル 準決勝2011年:スウェーデン グループリーグ、日本 決勝PKこの5か国だけです。イングランド対米国の感想は、イングランドの逡巡に尽きると思います。米国に対してパワーモードで行くのか、それともポゼッションモードで行くのかを明確にしておかないといけないのです。2012年以降の米国は合気道的なところがありますから、相手のスタイルに合わせて自分たちのモードを選択するため、最初はパワー派お約束の怒涛の展開をして相手陣内に突撃して粉砕し1点を取ることをしても、その後の展開ではポゼッションモードを選択し、相手陣内に少し人数を掛けて侵入して得点するパターンが主です。勝利が見込める得点を取れ、5バック的に守備の壁を固めるというのは、今大会で顕著になった戦術ですが、米国だったら4バックでも十分対応できる能力があるため、敢えて5バックとすることで、エコモードでの試合展開をしているのでしょう。今の米国女子は不完全燃焼のハイブリッドスタイルで、パワーモードを用いる機会がないため、長中距離のパス交換を主軸に、相手ゴール前では未完成でありますが短距離パス交換も選択する感じですかね。この米国に長距離パス交換で対応しても、インターセプトされるかして自滅しますし、中距離パス交換では米国選手のフィジカルに潰されます。短距離パス交換は、今のところ日本しかできませんから、イングランドは選択できないでしょう。もしイングランドが短距離パス交換スネイクモードをできたら、米国にとってはかなり厄介な対戦相手となったと思います。イングランド選手のフィジカルは米国同様に頑強ですから、封じ込めが通用せず、次々にボール保持者が変わると、長中距離パス交換モードでは対応が困難となります。今大会で米国が苦戦したのは、ポゼッション派のエスアパニアであり、米国にしては珍しく流れから得点できないで、PKによる2得点でした。それ以外はあっさりと勝利したという感じですかね。私達夫婦は日米夫婦だから当然アメリカを応援しているし、終盤を迎えるまではイングランドが勝利するかと思ったけど最後はアメリカが底力を発揮してキャプテンのアレックス?モーガン選手が決勝点を取った瞬間はやっぱり強くてかっこいいと思いました。米国は先制点をとると5バックにしてガチガチに固めてくる。なのに、その後もイギリスはPKをとったりオフサイドになったがいい抜け出しをしたりとイギリスの攻めが光った。イギリスのホワイトのシュートは素晴らしい。米国の一強時代は終わったと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です