道路交通法等の改正 2001年平成13年6月に道路交通法

道路交通法等の改正 2001年平成13年6月に道路交通法。指定自動車教習所の職員です。2001年(平成13年)6月に道路交通法は改正され、道路交通法88条は削除されました これにより、法律上は身体障害による制限が外れ、試験の実施要項により免許が取得できるかできないかと言うことになりました

しかし、施行規則23条での、「条件」においては変更されず、条件に満たされない人は免許取得出来ません

しかし、聴力の欄を見ると、2008年6月以前でも両耳全ろう者が運転免許を取得できるような感じで書いてありますが、本当ですか

道路交通法施行規則第23条
聴力
1 大型免許、中型免許、普通免許、大型特殊自動車免許(以下「大型特殊免許」という )、牽引免許、第二種免許及び仮免許に係る適性試験にあつては、両耳の聴力(大型免許、中型免許、普通免許、大型特殊免許、牽引免許及び仮免許に係る適性試験にあつては、補聴器により補われた聴力を含む )が10メートルの距離で、90デシベルの警音器の音が聞こえるものであること
2 1 に定めるもののほか、普通免許及び普通自動車仮免許(以下「普通仮免許」という )に係る適性試験にあつては、両耳の聴力が10メートルの距離で、90デシベルの警音器の音が聞こえるものではないが、法第91条の規定により、運転する普通自動車の進路と同一の進路及び進路を運転者席の反対側に変更しようとする場合にその変更した後の進路と同一の進路を後方から進行してくる自動車等を運転者席から容易に確認することができることとなる後写鏡(以下「特定後写鏡」という )を使用すべきこととする条件を付すことにより、当該普通自動車の安全な運転に支障を及ぼすおそれがないと認められること 平成13年道路交通法改正等の概要。平成14年6月1日より前に公安委員会の行う一定の任意講習を受けた方
については。従前と同様に。更新前1年以内に当該講習を受けたのであれば。
更新時講習が免除されることとなります。 2 免許証の更新期間法第92条の
2及び第

道路交通法等の改正。ご利用のブラウザ環境によっては。機能が一部限定される場合があります。令
和2年改正道路交通法リーフレット 令和2年改正道路交通法リーフレット
道路交通法の一部を改正する法律の施行期日を定める政令平成年政令第
号年 年月日 「道路交通法施行令及び自動車運転代行業の
業務の適正化に関する法律施行令の一部を改正年月日 道路交通法の
一部を改正する法律について 道路交通法の一部を改正する法律について 概要[今週のトピックス]FPS。警察庁がに発表した交通事故の状況によると。年月の飲酒
運転による事故総数は,件。うち死亡これは月日に改正道路交通法が
施行され。飲酒運転の罰則強化が影響したものと思われる。特に従来。飲酒
運転による事故への処罰が軽いとされ。年月には刑法が改正施行され「
危険運転致傷罪」が新設された。 交通事故等の推移 ドライバー数と交通事故の
推移 年前平成年との比較平成施行平成年度版交通安全白書
の概要から

道路交通法等の改正。平成13年12月25日施行の刑法改正により新設された罪で。飲酒?薬物運転
や危険なスピードで信号無視をするなお。適用は更新期間の初日が平成14年
6月1日以降つまり。その方の誕生日が7月1日以降であることを意味します道路構造令の一部を改正する政令案について。平成年月日国土交通省 改正の背景; 国土交通省では。車道を中心として
道路全体の構造を定める現在の考え方を改め。また。日常生活において利用
される住区内道路車線道路においては。必要に応じて自動車の速度を抑制
させる道路交通法の改正のポイント。道路交通をめぐる最新の情勢に対応し。道路交通法が改正されております。令
和年月日施行東名高速道路等で発生した悲惨な交通死亡事故等を契機に「
あおり運転」が社会問題化したことから。妨害運転「あおり運転」に対する

日本弁護士連合会:道路交通法施行令の一部を改正する政令試案等。平成13年6月の道路交通法改正により。同法88条の障害?疾病を理由とする
運転免許の絶対的欠格条項は廃止され。知的能力や身体的能力については運転
免許試験で確認することとされた。一方。試験合格者や既に免許を受けている者
が。精神神経学雑誌オンラインジャーナル。これまで年に認知症が初めて法的に運転制限を受けると改正道路交通法で
規定され,年から歳以上の免許更新者は講習予備検査が導入また,
年月からは任意通報制度が開始され,医師が認知症と診断した場合は,都
道府県公安委員会に任意で通報が可能となった.平成年月公布 平成年
月施行 //-///_//
?

指定自動車教習所の職員です。耳が聞こえない方でも、下の方に記載の通り後写鏡バックミラーのことですねを公安委員会が直接指定して取り付けた場合免許の取得が可能になります。公安委員会が判断することになりますので、詳しいことは免許センターの方に聞けば分かりますそして、免許の取得の際に勉強するであろう「聴覚障害者マーク」にも関係していますこれは「初心者マーク」と同様に付ける義務があるものなので、それも条件として入ります。また、2012年の法改正により中型と大型以外まで運転できるようにもなりましたね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です