鉄道や銀行 銀行業界はAIの躍進に対抗できるのでしょうか

鉄道や銀行 銀行業界はAIの躍進に対抗できるのでしょうか。たしかに銀行業界は、いま変革期にきているのは確かです。銀行業界はAIの躍進に対抗できるのでしょうか 来年就活があり主に銀行を中心に受けようかと思っているのですが、将来人手が十分という理由で解雇ないしは減給されないか不安です 第61回。金融業界での活用例 いずみ。具体的には。どのような活用例があるのでしょうか
。 マーク。顧客との接点銀行からヒトは消えるのか。三菱フィナンシャルグループが語った。「自動化による人分の労働
削減」計画。 人工知能 に代表される先進テクノロジーは。銀行業務からヒト
を駆逐するのでしょうか?鉄道や銀行。そんな業界研究に役立つ情報を。日経電子版はやさしい動画解説や一目でわかる
図表。社員の本音に迫る取材記事などでお届けし。就活生を応援します。経済
ニュースとともにコロナ下就活で必見のコンテンツをまとめました。動画を
見るだけでできる業界研究!余暇増えシューズなど好調 スポーツ関連業界
早わかりやの活用で市場拡大 業界早わかり調剤薬局も広げ成長

就活生必読IT業界の今後?将来性や年収をご紹介。このような状況のなか。今後の業界とそれに関わる職種の可能性はどうなって
いくのでしょうか? 業界が現在だけでなく。安定して働くことができる将来性
の高い市場なのか考えてみましょう。

たしかに銀行業界は、いま変革期にきているのは確かです。ただ、AIの躍進に対抗するのではなく、銀行業界はAIを扱う側です。人手は、たしかに単純作業やコンピュータープログラムによって、自動化できることので減ります。ただ、それはどの業界も一緒です。感覚的には、現代の従業員数より減り、少数精鋭になるということです。より人が行う業務には付加価値がつきます。どの業界でも企業の舵をとるのは、経営者や株主です。経営判断は企業ごとに違います。なので一概に大丈夫とも言えないですし、危ないわけでもありません。この世の中はすべて「諸行無常」です。未来を約束できるものは、なにひとつとしてありません。変化におびえる前に、短期的な目標をたて目の前のシゴトに向き合い、自分自身のスキルを高めていくことが大切です。もちろん、情報収集と知識をつけておくことも大事でしょう。そうすれば、なにか起こっても道が開けるものです。銀行については、こちらにも詳しく書いております。応援しております!ケイケイよりAIと言うよりもネットバンキング、電子マネーの流通ですよね。わざわざ銀行窓口まで行かなくても自分のスマホにインストールした銀行アプリで振り込み手続きや引き落とし手続きができてしまう。店頭ではiD等の電子マネーや〇〇pay等のスマホ決済で現金を持ち歩く必要がなくなる。と言うことは銀行ATMも要らなくなる。銀行業務そのものはなくならないけど、巷から支店の建物が統合廃止で消えていく。だから銀行に入るなら銀行の中枢に残れる人材になっていかないと、単なる窓口要員ではリストラされてしまうでしょう。都市銀行は4社3社から2社に。地銀は各県に第一地銀系と第二地銀系各1社に淘汰されるでしょうね。よく聞きますね、「10年後には無くなっている職業」ですね。おそらく人員の需要は減るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です