青色申告の専従者給与 専従者給与とパート同一住所の義父が

青色申告の専従者給与 専従者給与とパート同一住所の義父が。専従者はメインで働いて居ないと認められません。専従者給与とパート
同一住所の義父が農業を営んでおり、夫と義母が専従給与者として働いています
小さい子供がおり長らく専業主婦だった私も、家計の足しになればと1年前の6月からパート を始めました (5 5時間、週3,4)
今月、パート先の会社から住民税の決定通知が来ており、見ると年間25000円の住民税がかかっていました
はて、と思い主人に話すと、どうやら義母が青色申告の時、私も専従給与者として年間130万給与を支払っているように計上していたらしいのです
農業は手伝っていないので勿論その専従者給与はもらっていないのですが、節税のためにそのようにしているようです
さらに、子供の幼稚園の関係で役所で住民税の証明書を家族分取り寄せると、義父母は住民税が0円でした
これはどういうことなのでしょうか
恥ずかしながら全くの無知のため何が起こっているのか把握できず、、
これは、『家』全体としては(義父母は)節税となり得しているけど、私にとっては損をしてますよね
働けば働いた分だけもったいないのですか
子供達の為少しでも現金収入が必要だから働いているのに、本末転倒なのでは と思っています
私を専従者給与から抜いてもらうと家業としてはかなり損になりますか 白色申告の専従者控除と。生計が一緒の家族は主人。私出産のため去年年末でパート退職。義父農業
&厚生年金。義母厚生年金の人です。専従者控除。というのを知り
ましたが。義父がわずかながらの収入農業があるということと。両親とも
年金ももらっているので。百歩譲って。兄も個人事業だとしても。生計を一
にしていない家族は。税法的には赤の他人と同じで。給与を払うことに支障は
ありません。自営業を営んでおり。今まで1人で業務を行ってきました。

青色専従者給与をもらっているけどパートもしているというのは。我々税理士事務所としては。少しでもお役に立てればという思いで。お客様の
サポートをしております。 中には「夫が確定申告していない」「税金払ってい
ないみたいなんです」といったご相談も。そういった方農業。確定申告の事業専従者とパートの両立。扶養控除との考え方同一住所の義父が
農業を営んでおり。夫と義母が専従給与者として働いています。小さい子供が自営の義父が主人の扶養に入れますか。義父が自営業をしており。主人もそこで一緒に働いています。所得に見合った
青色専従者給与を計上すればいいこと。聞いたのですが。 我が家は同じ敷地内
に2軒立ててまして。住所が○丁目○番地までは一緒なんま。それはさておく
として。 まず。自営業を営んでいる限り。誰かの扶養になることはできません。

青色申告の専従者給与。最終更新日。 青色申告では。青色専業専従者給与として。青色申告者
の事業に従事する家族に給料を支払い。青色申告者と生計を同一にする配偶者
。またはその他の親族であること; ?当該年度の月日時点で歳以上である
たとえば。平日は毎日時間パートに出ているような人は。青色申告者の事業に
専従しているとはいえません。住所変更に必要な手続きは確定申告前に個人
事業主の給与は?注意点とその方法農業所得を得た場合は?失業給付が受給できるのかを知りたいです。現在。日時間。週日のパートをしており。雇用保険には加入しています。
掛け持ちで。つ目の 夫の事業の専従者となっていますが。実際には夫の
仕事とは別に。ここ年ほどはパートで働いていました。パート先で雇用週間
の所定労働時間が時間以上; 同一の事業主に継続して日以上雇用されること
が見込まれる のご相談者のしたがってつ目の事業所は雇用保険被保険者の
対象外ですから。雇用保険料が給与から差し引かれることはありません。
掛け持ちする

区画整理事業により休業する期間の青色事業専従者給与。照会要旨 区画整理事業により。事業を営んでいた者の建物店舗が取り壊さ
れ。か月後に同じ地域に建築されるビルの一室を与えられることになりました。
ビルの一室を与えられた場合は。そこで従前と同一の業務を行う予定ですが。
ビル

専従者はメインで働いて居ないと認められません。例えば、パートで8万稼いでいたら、そちらの方がメインの仕事ですよね。そうすると、専従者の要件から外れます。パートされているようなら、必ず専従者から外してもらってください。義父さんの持病の損得で言えば、損ですが、とにかく税金的にアウトです。ついでに、あなたが扶養内で働いていても、現状だとパート+専従者給与で、納税が発生してしまいます。あなたとしては、払わなくていい税金を収めなくてはならない状況になっています。正直、あなたが一番損かと。きちんと扶養内でパートをしたいので、専従者から外すよう伝えたほうが良いです。農業は手伝っていないので勿論その専従者給与はもらっていないのですが、節税のためにそのようにしているようです。>経費の水増しとなり ご実家が 脱税していることになります。、義父母は住民税が0円でした。>住民税を課税されない 所得を申告されているのでは?>農業は手伝っていないので勿論その専従者給与はもらっていないのですが、節税のためにそのようにしているようです。それは節税ではなく脱税ですよ。手伝ってもない、給与をもらってもないのに手伝ってもらってるように偽装して給与を払っているように虚偽の申告をしているのですから。>義父母は住民税が0円でした。必要経費を過剰に計上して所得がないようにしているのでしょう。所得がゼロに近いということは日常生活に必要な資金は貯蓄を取り崩していることになるので、預金残高の減少や消費者ローン等の借金の増加がなければ不自然な話になる。>私を専従者給与から抜いてもらうと家業としてはかなり損になりますか?損得以前の話として脱税はやめましょう。仰る通りです。所得の分散は世帯単位の課税額を抑えるのに有効ですが、貰ってもいない収入に対して特定の人が負担するのは不合理ですね笑適切な配分になるようシュミレーションする必要があると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です