1番と2番と5番がわかりません 1番と2番と5番がわかり

1番と2番と5番がわかりません 1番と2番と5番がわかり。あなたが小学生ならば1。1番と2番と5番がわかりません… よろしくお願いがします 1番と2番と5番がわかりません。いずれかを含む。番と番と番がわかりません よろしくお願いがします

あなたが小学生ならば1. Aさんの家から公園までの道のりと公園からBさん家までの道のりを合わせて1400m、公園からBさんの家の道のりの方が200m長いのだから、まずはじめにその分を引いて1400-200=1200これを2で割ればAさんの家から公園の道のりになりますね。1200÷2=600 ← Aさんの家から公園までの道のりちなみに600+200=800 ← Bさんの家から公園までの道のり2. 6本買うと80円あまり8本買うと160円足りないのですから、買う本数を2本増やしたことによって、必要なお金は80+160=240円増えたわけです。ですから、ジュース1本の値段は、240÷2=120円になります。ですから、しずかさんの持っていたお金は、120×6+80=800円 ですね。5. AとBとCの平均点はAの点数+Bの点数+Cの点数÷3 で求められます。ここで、A+B+A+C+B+C=152+155+161=468 ですよね。一方、A+B+A+C+B+C=A+B+A+C+B+C=A+A+B+B+C+C なので、A+B+Cの2倍です。よって、3人の平均は468÷2=234 234÷3=78 となります。回答1線分図で説明します。A├──────╂───────────┤BAの家とBの家は1400m離れていて、途中にある太線の目印が公園とします。公園までの道のりはAからのほうがAからのほうが200m短い、すなわちBからのほうが200m長い訳ですから、以下のように追記すると、A├──□m──╂200m┼──□m──┤B□mのところに同じ数が入ると分かります。すなわち、?Aから公園まで…□m?Bから公園まで…□m+200mとなっていて、後者のほうが200m長いと分かる訳です。AからBまでは1400m離れている訳ですから、図の「200m」を除いた部分、すなわち「□m」が2つ分の長さは、1400m-200m=1200m従って、□m=1200m÷2=600mとなり、これが答えとなります。答え 600m回答2○1つがジュース1本として、○○○○○○…所持金-80円所持金より80円安いので余ります○○○○○○○○…所持金+160円所持金より160円高いので足りません上の図と下の図を見比べると、左辺の差○○ジュース2本分が、右辺の差80円+160円=240円に相当すると分かりますので、ジュース1本の値段は240円÷2=120円と分かりますので、所持金は最初のケースで考えても、120円×6本+余り80円=800円後からのケースで考えても120円×8本-不足160円=800円と分かります。答え 800円回答5それぞれの平均点をa、b、cとすると、a+b=152a+c=155b+c=161ですから、全て足すと、a+b+a+c+b+c=468左辺を並べなおすと分かりやすいようにカッコも付けるとa+b+c+a+b+c=468従ってa+b+c=468÷2=234以上、3人の点数の合計が234点と分かりましたので、3人の平均点は、234点÷3=78点答え 78点以上です。1Aさんの家とBさんの家の中間点は、それぞれの家から700mの地点ですよね。Aさんの家の方が公園に200m近いということは、中間点はより100mAさんの家に近いところに公園があるということになります。その理由は、Aさんの家に100m近いということは、Bさんの家からは100m遠いということになり、それぞれの家からの距離の差は倍の200mになります。これがわからなければ、実際に図を描いてみましょう。Aさんの家から公園までは、700-100=600mになります。26本の時と8本の時とで、必要な金額が240円増えたことがわかります。80+160=240ということは、ジュース1本あたり120円ということです。6本買うのに必要なお金は、120×6=720円ですが、80円あまるということは、720+80=800円持っていたということがわかります。5AさんとBさんの合計AさんとCさんの合計BさんとCさんの合計を全部合わせると、AさんとBさんとCさんの得点をそれぞれ2回足したものになります。ということは、その半分が3人の合計得点になります。152+155+161=468468割る2=234 ←3人の合計得点平均は合計得点を人数で割ったものなので、234割る3=78 点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です