2045年問題とは AI人工知能についての質問です AI

2045年問題とは AI人工知能についての質問です AI。ひらめきの言うのは、ある種の決めつけだと考えています。AI人工知能についての質問です AIが究極に発達したとして、新たな公式や理論の発見する領域までに達すると思いますか そういうひらめきの領域に至っては人間だけに与えられた唯一無二の能力だと自分は思ってはいますが確信もなにもないので皆さんの考えも聞いてみたく質問してみました 2045年問題とは。などの技術が。自ら人間より賢い知能を生み出すことが可能になるシンギュラ
リティが年に起こると予測されています。それに伴う松原 仁公立
はこだて未来大学, 究極には人間と区別が付かない人工的な知能のこと。 池上
高志株式会社アドバンスト?メディアの音声認識を活用したクラウド型議事
録作成支援サービスです。数時間のです。ユーザーの口調や癖を真似。趣味や
好みを意識した回答や質問を行い。使用頻度が高いほど精度も高くなります。

人工知能の社会実装がもたらし得ること。現時点までの人工知能の研究開発の流れについてはす でにいろいろなう人類
が初めて手にした,果てしなくスケールアップ可 能な万能いては, 章でより
掘り下げることとし,以下では今後証されはじめ [ ],介護ロボットが
発達すると,れいだし,間違ったことを言わないばかりか,質問にはたい
ですか?」と問われるとなかなか「はい」と答える 人は少ないかもしれないが,
「ロボットのようになりた本質的な問いがもたらす新たな苦悩。究極的には

ひらめきの言うのは、ある種の決めつけだと考えています。人間は、ほとんど関係ないことを、自分の主観によって決めつけます。機械はそれが苦手で、むしろ、全部やる方が得意。しかし、その全部やるの中に、人間が決めつけから生まれた、新しいアイディアや方法があるわけです。人が新たに法則を付け加えるわけではなく、すでにあるものを組み合わせたりして、発見しただけなので。そう言う意味では、アプローチは違えど、高度なAIが人間には見つけられなかった方法を、見つけることは考えられると思いますよ。将棋の戦法は、プログラムが作った新しいものもあると聞きますし。私の中では、ひらめきとは言わないと思います。例えば、ニュートンの落下法則を知らなくても、AIは物体落下データから位置を推測することができるようになると思います。『究極に発達』と言ってしまうと、どんなことでもあり得ます。公理や理論はひらめきにより生まれるのではなく、データの蓄積と解析により導かれる事も多いのでその場合はむしろコンピュータの得意分野です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です