Canon 『鹿児島市が全域約60万人に避難指示 深層崩

Canon 『鹿児島市が全域約60万人に避難指示 深層崩。九州地区での豪雨は桁外れですね。『鹿児島市が全域約60万人に避難指示 深層崩壊の危険 原発は大丈夫か 』2019/7/3

総雨量が400ミリを超えると、河川の氾濫や表層崩壊どころか、山全体が深層崩壊を起こす危険性があるという
今回の雨では、九州の多くのエリアで軽く400ミリを超える

?
◆原発は大丈夫だろうか
まずはとにかく、発電を停止すべきでは
?
原発施設のどこかが直接に土砂崩れにあう可能性は
原発施設のどこかが浸水する可能性は
福島原発事故と同様に、外部から供給している電源が土砂崩れで切断される可能性は
事故発生時に対策車両が向かうときに必要な道路が土砂崩れで切断される可能性は
事故発生時に住民が避難するために必要な道路が土砂崩れで切断される可能性は

?
◆震災から8年が経過し、原発は完全に不要になっているのでは
電力の安定供給、発電コスト、電気代、安全性、環境性、核廃棄物、CO2、輸入燃料費、経済活性化、雇用創出、エネルギー安全保障、国家安全保障、災害対策、地方創生など、あらゆる観点から

しかし、大手電力会社も経産省も自民党も公明党も経団連も電力総連も、既得権益の原発利権を守るためか、問題先送りで、見て見ぬふりをしている
そのために、日本のエネルギー産業は、世界各国に比べて、次世代産業への構造転換が遅れてしまった 原発が送電線や電力市場を優先支配しているために、世界中で日本だけ、再エネのコストが下がるのが遅い
原発を維持する事は、日本経済を衰退させることに他ならない
?
このままでは、
日本経済は、原発によって衰退を加速し、
日本国家全体が、次の原発事故で、永遠に破壊されてしまうのでは

?
◆私たちに何かできる事はあるか
①原発を持つ大手電力会社からは、電気を買うべきではないのでは
②原発再稼働を容認する政治家には、決して投票してはいけないのでは

???

『鹿児島市が全域約60万人に避難指示 4日にかけて激しい雨のおそれ』2019/7/3 毎日

「鹿児島市は3日午前9時35分、4日の昼前にかけて激しい雨の恐れがあるため、市内全域(27万5287世帯、59万4943人)に緊急の避難指示を出した

同市は命に危険を及ぼす土砂災害の発生が迫っており、河川の氾濫の恐れもあると警告 がけや河川に近い場所など、危険な地域に住む住民には直ちに避難するよう呼びかけた 」

『大雨 土砂災害の専門家「総雨量400ミリ超で深層崩壊も」』2019/7/1 NHK

「九州の土砂災害に詳しい鹿児島大学の地頭薗隆教授は、過去の災害の経験から、降り始めからの雨量が400ミリを超えると、「深層崩壊」などの大規模な土砂災害の危険性が高まると指摘したうえで、早めの避難を呼びかけています

地頭薗教授によりますと、一般的には、降り始めからの雨量が150ミリから200ミリに達すると、斜面の表面が崩れる「表層崩壊」が発生しやすくなるということです

さらに雨が降り続き、総雨量が400ミリを超えると、火山性の地質が広がる九州では、斜面が地下深くからえぐられるように崩壊する「深層崩壊」などの、大規模な土砂災害が発生する危険性が高まるということです

地頭薗教授によりますと、平成9年に21人が犠牲になった鹿児島県出水市針原地区の土砂災害や平成15年に19人が犠牲になった熊本県水俣市の土砂災害では、いずれも総雨量が400ミリ前後に達し、深層崩壊が発生していたということです

今のところ深層崩壊のリスクがある場所をピンポイントで特定することはできていませんが、地頭薗教授は、鹿児島と熊本、それに宮崎の県境周辺や、鹿児島湾の北側など、火山性の地質で過去に大規模な土砂の崩壊が発生している地域や、雨が降っていなくてもふだんから大量の湧き水が出る山などでは警戒が必要だと指摘しています

地頭薗教授は「総雨量400ミリを一つの目安として、大規模な土砂災害が起きやすい新たな段階に入る 山の斜面の木が傾く場合や、湧き水が急激に増えたり減ったりした場合などは、地下で異常が起きている可能性があるので、すぐに避難するとともに広く注意を呼びかけるため自治体に連絡してほしい」と呼びかけています 」

※鹿児島市全域59万人に避難指示。災害救助などの業務を担う鹿児島市の地域福祉課によると。万人に避難指示が
出ているとはいえ。基本的に?自宅が安全だと感じる人は避難の必要はない?
という。無理に避難所に移動することで。かえって危険な目に遭う可能

デジタル台風:「鹿児島」の台風情報?気象警報?雨雲レーダー。–夏台風より危険な秋台風…で収容制限; —
台風避難民の心にも〝明かり? 発電機。投光器を提供 大震災体験教訓に備品常備
鹿児島市の写真家屋久島ほぼ全域で停電<中継>; –台風10
号。九州4県155万人に避難指示…–速報台風10号
県本土と種子?屋久が暴風域 鹿児島県内49万人に避難指示 十島村で最大瞬間
風速44?7–「猛烈な勢力」の台風号。日に昌原上陸か
…Canon。特例法に基づき。12月1日に約25年ぶりの皇室会議を宮内庁で開き。三権の
長や皇族らの意見を聴いた。月には射程1万3000キロに及ぶとみられる
新型icbm「火星15」を高角度のロフテッド軌道で発射し。「米本土全域を
攻撃政府は全国瞬時警報システムjアラートを通じて。国民に避難を
呼び掛けたほか。自衛隊は米空母などとの共同訓練を日本海4位?is。拠点
陥落で事実上崩壊隣国バングラデシュへ逃れたロヒンギャ難民は60万人以上
に達した。

続く長雨。九州では6月28日から続く長雨のため。土砂災害への警戒が必要になる。
気象庁「大雨特別警報の可能性」 70万人超に避難指示 九州の土砂災害に
詳しい鹿児島大の地頭薗じとうその隆教授砂防学は。すでに相当鹿児島市全域に避難指示。同日正午時点で鹿児島。宮崎。熊本県で計約万人に避難勧告が出され。各地
で学校が休校するなど市民生活に影響が出ている。鹿児島市は日午前時分
。市内全域の万世帯。万人に避難指示を発表。鹿児島県内では
河川が増水し。氾濫や浸水の危険性が高まっている地区もあり。日置市や垂水市
など市町で万崩壊。氾濫…リスク把握を 九州大雨 識者。早めの避難
推奨社会気象 梅雨の長雨で九州全域が災害の危険

命守る行動を。鹿児島市は日。断続して降り続く大雨のため「命に危険を及ぼす土砂災害の発生
が迫っている」として。市内全域万世帯万人に避難指示を出した
。 日昼前にかけて猛烈な雨が降る恐れがあるとしており。崖『鹿児島市が全域約60万人に避難指示。いずれかを含む。『鹿児島市が全域約万人に避難指示 深層崩壊の危険 原「59万人避難指示」妥当。万人。全員避難指示の是非は――。月に記録的な大雨に見舞われた鹿児島市
が。市内全域に避難指示を出した対応の検証に乗り出した。広く迅速に危険を
知らせ。身の安全を守るよう促す狙いだったが。危険な場所を通っ

九州地区での豪雨は桁外れですね。気象番組では「雨雲」の流れを時間を追って表示しています。 原発のある川内市あたりを「豪雨」の赤い線が繰り返し流れていくのがわかります。 まるで、雨雲が「川内原発」を襲っているかのように見えます。 原発の隣を流れる「川内川」は火山の「火砕流」の流路だそうです。そこへの豪雨は危険度が高いと思われます。 九州は自然災害の多い土地です。火山も沢山あります。 九州には「原発」は不向きです。早急に停止し、廃炉にするべきです。ken********さん 2:31:11「止めたから安全だ」なんて、何の確証もありません↑↑↑↑↑↑↑↑止めても危険なんてヤバすぎー。直ぐに廃炉が必要ね。「止めたから安全だ」なんて、何の確証もありません。原発は今更止めてももう手遅れです。絶対に大丈夫という確信もないのに今動かしているとしたらアホとしか言いようがありませんよね。今原発が動いているとしたら、今回程度なら絶対に大丈夫だということではないでしょうか。かえって信用できて喜ぶべきことです。むしろ原発建設に避難した方が安全です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です