Damage mtgのラヴニカプロツアーでウィニーデッキ

Damage mtgのラヴニカプロツアーでウィニーデッキ。質問者様の通り、ボードコントロールをしてくる相手であっても実験の狂乱、吸血鬼を出せるようになるエンチャントなどで最後の5,6点をさらに後押し出来て勝てるのが強みですサイドからは打ち消されない苦悩火も1,2枚入りますですが、対策が難しいというのは確かにそうなんですが対策ができないというほど圧倒的な強さというわけではないですなんだかんだメインでクラリオンを打たれると大体負けるし。mtgのラヴニカプロツアーで、ウィニーデッキがトップ8多かったですけど、これは全除去来なきゃほぼ勝ち、来ても狂乱で無限にクリーチャー出しまくってどっちにしろ勝ち、事故って自滅くらいしか負けパターンがなく 対策が難しかったから勝ちまくったんですか 6度目のプロツアートップ8。自身度目であり直近回で度のプロツアートップ入賞を果たしたマルシオ?
カルヴァリョ??選手!快進撃を続けるマルシオ選手のデッキ選択の経緯から。
プロツアーで-を成し遂げたドラフトのコツまで。スタンダードリミテッド
ラヴニカの献身アゾリウスアグロ ヴィエラ/
という体格のいいブラジル人プレイヤーが白単ウィニーで大成功を収めてい
た。アリーナのミシックランクで~位に入っていたほどだ。

MTGデッキ紹介プロツアー。生放送等でご覧になった方も多いと思いますが。今回のプロツアーではトップ8
中6人が白系のアグロデッキでした。 アグロデッキデッキ紹介プロツアー
ラヴニカのギルドの優勝?準優勝デッキ「白ウィニー」Damage。はの情報サイト。プロツアー『ゲートウォッチの誓い』では
トップに人を輩出した。長》といった果敢クリーチャーを並べて《アタルカ
の命令》などのパワー修正のスペルで一気にライフを詰めるウィニーデッキ。2013年。; 月日に発売された新製品「ドラゴンの迷路」を使用し
。「ラヴニカへの回帰ブロック構築」と「ブースタープロツアーは。これまで
に高い実績を残してきたトップ?プロと。世界各地の予選を勝ち抜いて招待権利
を獲得した本ページでは。世界最高峰の戦いの模様を。英語記事の翻訳?
デッキリストを中心にお伝えしております。 -, $,
, $, , $, , $,

プロツアー『ラヴニカのギルド』。検索 マジック。ザ?ギャザリングプロツアー『
ラヴニカのギルド』 トップ8デッキリストスタンダード スタンダード
プロツアー『ラヴニカのギルド』 スイスラウンド1位 / スタンダード 年
月~日[] [] – 「白ウィニー」 プロツアー『プロツアー『ラヴニカのギルド』トップ8決定&スタンダードリスト。ました。 画像はマジック米公式サイトより スイスラウンド順位。トップ
使用デッキ。ジェスカイコントロール 所属チーム。-
プロツアー『ラヴニカのギルド』トップ決定&スタンダードリスト公開。渡辺
選手プレイオフ進出 投稿日。 各色ショックランド出揃ったら。それぞれ
の狂乱ウイニーが見たい探検ウイニーとか海賊ウイニーとか [] 名無しの
ベナリア史嫌いで禁止連呼して労力使うより引退した方が早いにょ

質問者様の通り、ボードコントロールをしてくる相手であっても実験の狂乱、吸血鬼を出せるようになるエンチャントなどで最後の5,6点をさらに後押し出来て勝てるのが強みですサイドからは打ち消されない苦悩火も1,2枚入りますですが、対策が難しいというのは確かにそうなんですが対策ができないというほど圧倒的な強さというわけではないですなんだかんだメインでクラリオンを打たれると大体負けるし 1戦目取られるとサイド後も実験の狂乱を割られたりして1戦は落とすプロツアーのメタゲームは、ゴルガリとジェスカイコンの2種類が基本的にかなり強くゴルガリがコントロールに勝つために殺戮の暴君4積みも増えそれにジェスカイコンが対応すべく5マナの全体除去も入れジェスカイコンもジェスカイコンに勝つためにメインからミゼットを入れたりなど、どんどんと遅い感じのいたちごっこが続きそこに青単、赤単などのウィニーもいくらかいるみたいな中に颯爽と現れたのが絆魂でウィニー対戦にも強く、遅くなったゴルガリやジェスカイを狩れる白単でしたさらに面白いのが、白単の中でも優勝したのは同型やウィニーに強く他の相手には腐りやすい1マナ0/3を入れたレシピでしたこれからはジェスカイコンやゴルガリも白単を見た形になっていくでしょうがグリクシスコンなど他のデッキもあまり白単に勝てるように形を変えすぎると本来の強みを失い勝てる相手にも勝てなくなるのでそういう意味でやはり対策しづらさによる地力がありますね白はアダントの先兵ベナリア史←カウンターし損ねたらクラリオンしか解答なしオレリア←赤白系の低コス除去だとほぼ解答なし赤は再燃の/孤高のフェニックス←火力握って殴られると追放除去すら避ける。ゴブリンの戦親分←2ターン目アズカンタとか置いてる暇ない苦悩火打消し不可緑にマーフォークの枝渡り+翡翠光出ると手札補充殺戮の暴君打消し不可+呪禁戦利品PWや置物をメインで処理可能青に航路の作成セイレーンの嵐鎮め←1マナで出されたらそのあとクリーチャーに除去が打てない執着的探訪←嵐鎮め構えたまま1マナで延々ドロー正気泥棒←青コントロールが1回でも攻撃を通したら、自分のカウンター奪われ続けて負けと、↑のラインナップをメインからキッチリ処理出来るインスタント呪文のラインナップが、赤白青だと無く、組むなら白黒青あたりにすべきですがショックインランドが無いので安定しないからじゃないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です