Q:塩酸の濃度調整はどうすればよいでしょうか うすい塩酸

Q:塩酸の濃度調整はどうすればよいでしょうか うすい塩酸。塩酸は酸性、水酸化ナトリウム水溶液はアルカリ性です。うすい塩酸600cm3 を6つのビーカーに分け、ある濃度の水酸化ナトリウム水溶液を表のように加えて水溶液A?Fとした 水溶液B?Fに緑色のBTB溶液を加えた時、水溶液Dのみが中性であることがわかった BTB溶液を入れたあとの水溶液Fの色は何色であったか、書きなさい 表 上 うすい塩酸[cm3] 下 加えた水酸化ナトリウム水溶液[cm3] A B C D E F 100 100 100 100 100 100 0 20 40 60 80 100 です 回答が青になる理由の解説をお願いします3。[実験] つのビーカーにうすい塩酸を,それぞれ ^{} , ^{} , ^{}
入れ, 溶液を/ 滴加えた。図は,うすい塩酸の体積と, これを完全に
中和するために必要なうすい 水酸化ナトリウム水溶液の体積の関係をグラフに
まとめたものである。の結果 [実験]個のビーカー$①-$ ~①にそれ 表 実験
ビーカー $①$ $$ $/$ $①$ $//$ ぞれ同じ濃度のうすい塩酸を, ,
試薬 ,

理科3。%の塩酸,%の塩酸およびある濃度の水酸化ナトリウム水溶液を用いて,中和
の実験を行いました。問 ~問 に答えなさい。 実験 つのビーカーに%の
塩酸をそれぞれ , , , とり,フェノールフタレイン溶液を数滴
ずつ加えた。 の塩酸ア 中和すればよいので,すぐにうすい塩酸をつける
。Q:塩酸の濃度調整はどうすればよいでしょうか。濃塩酸は瓶から直接注ぐのではなく,別のビーカーに必要な量より少し多め
をと っておき,そこからピペットなどを利用して少しずつ水の入ったビーカーに
入れてい きます。また,塩酸は揮発性があるので,濃塩酸を取り扱うときは換気

塩酸は酸性、水酸化ナトリウム水溶液はアルカリ性です。Dで中性なので、ABCはアルカリが足りていないので酸性、EFはアルカリが入りすぎているのでアルカリ性になります。BTB液は酸性で黄色、中性で緑色、アルカリ性で青になります。上の二つより、Fはアルカリ性で青色になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です