SpaceTech 惑星って惑星同士の引力でふわふわ浮い

SpaceTech 惑星って惑星同士の引力でふわふわ浮い。重力と遠心力のつり合いで浮いているように見えます。惑星って惑星同士の引力でふわふわ浮いてるんですか それとも普通に無重力空間上にいるから浮いてるんですか 無知なので優しく教えてください 後、惑星って後何個ぐらいあると思いますか こんな広いし6桁はいきそうだけど銀河中心ブラックホールの周りに広がる新たな「惑星」の世界。はじめのうちは塵の集合体には隙間がたくさんある「ふわふわ」な状態だが。
それら「ふわふわダスト高空隙率ダスト」同士がさらに衝突を繰り返すと。
衝突の衝撃や自身の重力によって隙間がつぶれて密度が大きくなり。ブラックホールの周りに広がる新たな「惑星」の世界。この「惑星」はブラックホールから約光年ほど離れたところを周り,その形成
には数億年ほどかかるとされます.研究チームはこの理論が正しいならば,
銀河の中心に存在している太陽の万倍もの質量をもつ巨大これまでは,
巨大ブラックホールと惑星の誕生の間に接点があるとはまったく考えられてい
ませんでした.数センチメートル程度のふわふわダスト同士がさらに衝突を
繰り返すと,今度は衝突の衝撃や自身の重力によって隙間がつぶれて密度が

SpaceTech。矮惑星へ 降格した。 惑星として 冥王星は 準惑星に 降格された。 &#;
太陽形は 星を 軌道から 欠いている。
太陽引力の軌道から 欠いている。 恒星の重力は 軌道から 欠ける。 恒星引力の
軌道地学基礎。土星も火星も。地球と同じ太陽系の惑星ですが。大きさも見た目もかなり異なり
。個性があります。 今回は太陽系の中心で光っているのが恒星で。周囲を塵が
円盤状に取り囲んでおり。惑星が生まれようとしています。 基本的な構造は
原始惑星は。太陽の周りを回るうちに。お互いの重力の影響を受けて軌道が乱れ
始め。原始惑星同士の大衝突が起こります。 巨大衝突ということは。もしか
したら今この瞬間にも。次の巨大天体衝突が起きてもおかしくないってこと!?

惑星って惑星同士の引力でふわふわ浮いてるんですか。太陽系の惑星について。。火星は確かに地球より寒い惑星ですが。『赤い星ほど温度が低い』という話
は太陽のように自ら光を放っている星。すなわち土星は英語ではサタンという
そうですが。サタンって悪魔のことですよね? 土星は悪魔の星なんですか?ば
確かに目で見ることはできないでしょうが。地球とそっくり同じ大きさの惑星が
あれば。当然その引力の影響が他の惑星や彗星の火星には月衛星が2つ
あるそうですが。火星に降り立って夜空を見上げたらどんな風に見えるんですか
?惑星って惑星同士の引力でふわふわ浮いてるんですか。いずれかを含む。惑星って惑星同士の引力でふわふわ浮いてるんですか それと

質問5。太陽系のつの惑星の公転方向が一致していること。そして。惑星の軌道がほぼ
同一の平面内にあることは。太陽系のでき反対方向の運動がうち消されて平均
化された結果。物質どうしはお互いにそれ以上ぶつからないように。つの平面上

重力と遠心力のつり合いで浮いているように見えます。でも、色々公転運動しているので、スピードは速いですよ。太陽の周りを1年かけて地球が公転するスピード=秒速30km。銀河系中心のいて座A*ブラックホールの周りを2億4千万年かけて太陽系全体が公転するスピード=秒速240km。太陽系内はもう、惑星は準惑星か小惑星くらいしか見つからないかもしれませんが、全宇宙に惑星には、2兆個の銀河があるとして、少なく見積もっても、1000000000000000000000個以上あると思います。つまり22桁以上です。原則宇宙は空間だけの部分が遥か広くて、恒星や惑星があるのは本の小さな物です。それで空間の中にこれらがあるので、浮いていると表現になりますが、例えば地球の周りは空間です。空間の中に地球があるだけなのです。地上でバルーンが浮いていると、浮いているという言い方になりますが、地面があって対照的に見ると浮いているのです。しかし周り全体が空間で、離れて月があって、遠くに太陽があります。これらは全て空間の中にあるだけです。これ全体が浮いているという言い方にもなりますが、地上の上で浮いているとも言えないので、空間の中にあるという事です。ところで惑星は太陽の引力と引き合って、太陽の周りを公転してます。公転は遠心力があって起こっているので、この釣り合いで太陽系と言われて一つのまとまりになってます。惑星の数は小さな物まで入れると数10万になるようです。ところで私は自分で宇宙を考えていて、全く科学で言っているものとは異なっているのですが、回答したものを載せてみます。惑星の出き方も違ってます。なおページが見つけられませんという事で出るのがあるのですが、それは下と入れ替えて見て頂ければと思います。私はブラックホールを否定しているのですが、この頃この本体が写し出されたニュースが流れました。これは解釈の問題と思います。誰でも目に行くのは、銀河の中央部分は明るく大きく膨れ上がってます。しかし銀河の中心に普通にブラックホールがあるとされてます。これは光さえ抜け出せない超重力だと言われているので、中央が大きく光で膨れ上がっているのは想像を超えてます。ここがドーナツの穴のように暗くなっている方が気に合ってます。しかし現状は全く想像を超えたものです。こういう銀河の姿ですが、今回ブラックホールが直接観測されたと言われて写真も公開されました。これは光さえ抜け出せない空間の引き込みとされているで、目で見えません。黒い穴のドーナツの中のような物の想像でした。しかし現実にこのような物が確認出来てませんでした。周りにある光などで遮られていたのです。上から見ても見えませんでした。これは余りにも重力が強過ぎて、空間を引き込んで小さくなり過ぎていて見えなかったと思います。しかし今回これが直接観測されたというのです。但しこれが果たして狙っていたブラックホールそのものであるのかは、考え方の問題があるのですが、私は違っている見方をしてます。ブラックホールを直接撮影としてますが、単に何もない空間だけの可能性もあるのではないかと思える事です。さてブラックホールが見えない状態なのが、周りの光に囲まれた黒の部分が、ブラックホールを撮ったものと言う事です。ところが光を出さないのは、そこに物質がないので光る物も存在してない可能性もあります。銀河が回転してますが、例えば台風などは回転が外に伝わって行くのには,周りに十分な雲の群れがあります。そして中心は寧ろ穴が空いてます。それが銀河の中心に超重力のブラックホールがあるのでは、可笑しいです。回転が外の方に伝わって行かないのではないかという事です。即ち全てがブラックホールの方に引かれて行くだけになりそうです。回転が外にまで同じような速さで伝わる為には、台風の例のように全体に重さが均等になるようになって、そして中心では穴になるように、この部分が軽くなる状態でなければならない事になります。それで中心にブラックホールがあっては困る状況です。これは今回明らかに見えたとしても、空洞である可能性が見えているかもしれないという事です。ところで私がブラックホールが存在してないとして、回答してました。それで私の考える銀河で、内も外も同じような速さで回っている事です。これは銀河が最初から塊であったのです。これで回転の内に、外に恒星を散らして行って渦状等になってます。それで元の銀河の塊の回転が変わらず、何時までも同じ速さで回り続けていた事が原因になります。この速さで出て行く恒星を送って行ったのです。ところで私の思考で銀河が最初から熱の塊、即ち光の塊でもあったので、最初のこれは遠くでクェーサーとして輝いて見えているのです。その科学や輝きも回転で外に恒星を散らし出して大きくな渦状等になって行きながら、全体の光を失って来て今に至って来た訳です。さて今回ニュースで出されて写真は何もない空間だけに見えます。それで私のような主張が通る理由もないようです。しかしここでも台風の例ですが、私の説で銀河が回転の内に外に恒星を流し出して行くのですが、それが出る恒星の多さで引かれて台風のような状態になって行くと、中心が空洞の穴だけになりそうです。元に核として塊があったのが、段々とこれがなくなって行って、仕舞に空洞だけになりそうです。それでその写真のような状態でも可笑しくない事になります。ちなみに科学ではジェットの原因をブラックホールに託してますが、私はジェットは私の思考の恒星に膜状態がある原因と考えてます。即ちこれに穴だけ開いて、そこから内部の圧縮されたガスが水鉄砲のようにして飛び出た想像です。この勢いの力が逆面にも起こって、両方向にジェットが起こっていると思われます。これはカンナの場合、刃を下方向に下げる時に、逆側の木の部分を叩いても下に下がるという事です。即ち噴出する力は、同時に逆側にも働く事があるのです。もしこれが一方的の方向だけですと、回転になってパルサーのようになるでしょう。惑星は太陽に向かって自由落下しています。そしてどこまで落下しても太陽は球体なので太陽に届かず、惑星は楕円軌道を描きながら公転します。詳細は、下記ホームページを参照ください。ふわふわ浮いている、と言うよりはビュンビュン飛んでいる、という方が近いかもしれません。毎秒すごい速度で動いていますが、ケタ違いに大きいので、止まっている浮いているように見えるのかもしれません。恒星の引力を受けて引っ張られる力と、弾き飛ばされる力が拮抗しています。「自由浮遊惑星」という名の惑星もあり、特定の恒星から離れてしまって、銀河そのものを公転していますが、止まっているわけではないと思います。惑星は、それ自身が光りませんから、観測で見つけるのは大変難しいので、宇宙の闇の中にどのくらいの惑星があるのか、まだまだ未知なのです。惑星の動きでわずかに恒星が揺らいだり、恒星の前をたまたま惑星が横切ったりすれば、観測出来ますが、そうでなければ、そこにあっても見えない。最近は観測技術が上がったので、これまでの予想よりも、もっとたくさんあるのではないかと言われています。惑星って惑星同士の引力でふわふわ浮いてるんですか? いいえ。それとも普通に無重力空間上にいるから浮いてるんですか?いいえ。無知なので優しく教えてください恒星系の中心にある恒星太陽系においては「太陽」に引かれる引力と、恒星の周りを回る遠心力が釣り合って回っています。「ふわふわ浮いている状態」だと恒星の引力に引かれて恒星に落ちていってしまいますよ。後、惑星って後何個ぐらいあると思いますか?星の数ほど。こんな広いし6桁はいきそうだけど 10万個以上????ですか?銀河系には 1000億の恒星が含まれているそうですが。ただし、全ての恒星が惑星を伴っているわけではないでしょう。二重星や三重星の周りには惑星が安定しして存在できないというような話も聞きますし。二重星や三重星は天体の素人が考えているより遥かに多い比率で存在するとも聞いたことがあります。でも一つの恒星に対して惑星が多数ある場合も有りますよね。恒星と惑星はどちらが多いんでしょうね?現在 発見されているものが 500~600個くらいらしいですね。惑星が楕円軌道を描きながら、太陽の周りを公転する仕組みは下記ホームページを参照ください。宇宙は無重力なので惑星は浮いていられます。惑星は恒星に引っ張られてぐるぐる回っています。太陽系ですと、太陽を中心に8つの惑星地球も含むが回っています。太陽があるおかげで、惑星がどこか遠くに飛んでいくことはありません。惑星の数は宇宙全体では数え切れないほどあります。太陽系がある銀河の中だけでも1億個以上はあると言われています。宇宙には銀河が数えられないほどあるので、それらの銀河の中にある惑星も数えると???誰にも分からないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です