TED日本語 宇宙に果てはあるのか という疑問が解決され

TED日本語 宇宙に果てはあるのか という疑問が解決され。近い将来は無理でしょうね。宇宙に果てはあるのか という疑問が解決されることは近い将来ありえるでしょうか TED日本語。スティーヴン?ホーキング博士が。宇宙に関する大きな疑問を問いかけます。 宇宙はいかにして始まったのか宇宙の自然活動家。好奇心と最先端のロボット技術が目指すものは。私たちの空のずっと先にある
宇宙ゴミを無くす方法。これからは製品という枠組みを超えて。問題解決への
挑戦を人から人へ広げていくべき時代です。私たちが作るものは世界初である
ことがよくありました」パネックは言います。これらのメッセージは
から送信されると。最も近いイリジウム衛星のネットワーク地球低軌道宇宙の果てには何があるの。なかには?いままで誰にも打ち明けたことがないけれど。じつは宇宙の果てのこと
も気になっていたんだなどなどの素朴な疑問について宇宙論。物理学の専門家
に聞いてみました。距離よりもずっと壮大で。わたしたちが観測できる範囲
よりもずっと遠くに宇宙の果ては存在するのだろうというように推定されてい
ます。自分が作ったアルゴリズムに排除されるかもしれない」。

質問6。宇宙の果てに近い。たいへん遠い天体が見つかった」というようなニュースを目
にすることがあります。「宇宙の果て」という言葉から考えて。「そこまでいく
と。そこから先には宇宙がなくなってしまうような境目」と思ってしまうかも
しれ「宇宙の果て」までの距離は138億光年ではなかった。「宇宙の果て」を考えると際限がなくなってしまうのだろうか。が進歩した
としても。我々はなぜ存在するのか。我々は一体何者なのか。という根源的な
疑問には永遠に答えは出ないことになる。の世界は次元の時間と次元の空間
を合わせた次元空間である「時空」と。その中に存在する物質によって記述され
る。宇宙倫理学の現状と展望。であることは 疑いをえないとしても。多くの人々の現在や近い将来の生活に
直接影響することはなく。従来の倫理学理論を逆照射し。それに新たな反省を
加えるという意義の方が強調されてよるとすれば。それらとどのように接す
べきであるのかを考えておくことは一定の必要があ る。なく私企業による
観光をも含めた商用利用に転換されるならばビジネス倫理学の問題術の発展
。宇宙の産業的?商業的利用の促進を通じて。貧困といった他の問題を解決でき
ると

近い将来は無理でしょうね。なにしろ、果てが見つからないのは、本当に果てが無いのか、遠くにあるけど見つからないだけなのか、区別がつかないですから。ところで、 物理学上、宇宙の果てはないとして計算します。なんてことはありませんよ。学生が練習問題を解く時には、そうやって計算することもありますが、プロの科学者はそんな固定観念に捉われずに、もっと自由な発想で科学しています。既に解決されています詳しくはこちらの参考URL内参考URLの各本文及び補足全10参照。ある。所詮は観測精度の問題だ。原理は知られておるから手段の開発だな。ただし無限の時間が必要とわかるかもしれんが。「宇宙原理」をご存知ない方↓が居られるので説明します。この宇宙に端はあるのでしょうか。現在の宇宙に関する理論は、この宇宙には端は無いとする「宇宙原理」に基づいて構築されています。宇宙原理とは、「大きなスケールで見れば、宇宙は一様かつ等方である」と言うものです。これは、簡単に言えば、宇宙は何処も同じであり、どちらの方向を向いても同じであると言う意味です。では、「一様」と「等方」の意味を確認しておきましょう。宇宙には、惑星や恒星が有るところと無いところがあります。同様に、銀河の有るところと無いところ?銀河団や大規模構造の有るところと無いところがあります。この様に、小さなスケールで見ると、宇宙は「一様」ではありません。しかし、数十億光年のスケールで見ると、物質密度は殆どどこも同じとなります。そして、特別な方向はありません。この宇宙のどこに立ってどちらの方向を見ても全く同じと見えます。この宇宙の、何処に立ってどちらを見ても、同じ密度の物質が分布しています。現在、宇宙の精密な宇宙マイクロ背景輻射の観測から、観測される限り宇宙の物質とエネルギーの密度は同じであることが分かっています。したがって、現在観測可能な宇宙の大きさは、半径465億光年の球体ですが、この範囲の宇宙は「一様」で「等方」なことが確認されています。一方「宇宙空間は質量によって曲がっており球体に閉じている」との主張があります。それを検証します。中に何もない「空間自体」が歪む仕組みを説明することは、未来永劫できません。なにしろ、そこには何も無いのですから。説明できないことを信じることは、「神の存在を証明できないけれど信じる」ことと同じ信仰です。科学は合理的に説明されなければなりません。ですから物理現象は、「ものの変化」で説明しなければなりません。つまり、「空間が歪む」のではなくて、「高速移動すると定規がローレンツ収縮する」のです。光速度cに近づくにつれ、原子核を回る電子も動き難くなり光速度cに近づくにつれて粒子が加速し難くなることは、加速器の実験で実証済みです、回転速度が落ちるので電子に掛かる遠心力が弱まります。そのために原子核の電磁気力に引かれ、電子はより小さい軌道を回るので、物質は「ローレンツ収縮」します。この「収縮した定規」で長さを測定すると、長く測れます。この理により「高速移動すると空間の座標が変化する」のです。アインシュタイン博士もその著書で、「高速で移動する測量棒は収縮する」と述べられています。また重力により、「空間の場」が歪みます。振動しない場は伸びており、振動すると場は小さくなります。このため、振動する場質量の周囲は、質量の方向へ引かれます。まるで、トランポリンにボーリング玉を置いた時のように、「空間の場」は質量のある方向へ引き伸ばされます。光は曲がった「電場」と「磁場」を進むので、光は曲がります。この様に、中に何もない「空間自体」が歪むのではなくて、実体のある「電場」「磁場」「ヒッグス場」が質量により歪むのです。以上のとおり、「空間自体」は曲がりません。かつ「宇宙に特別な方向はない」とする「宇宙原理」を満たすには、宇宙空間は無限に続いていなければなりません。このとおり、現代物理学は「宇宙空間」の端はないとして計算します。果てがあるとか言ってるのは、素人だけですよ。科学者は昔から、そんなこと言ってません。観測結果は、「宇宙は無限に広がってるようにしか見えない」という結論が出てます。それに対して、「それは観測精度がまだ及んでいないだけで、想像以上に巨大なのかもしれない」という言い逃れは、無限に成立します。どれだけ制度が上がっても、精度以下なのかも、、、とは言えます。下記のbujさんの回答は、時代遅れです。昔は、有力でしたが、、、観測結果が出てます。観測結果は、かなり驚きをもって受け止められました。宇宙は果ては無く、有限の大きさを持っている。これが、現時点での有力仮説ですが、これは観測結果と、数学的に導き出されたものであり、実際に確かめる事ができないので、近い将来に完全に解決される問題ではないです。仮に、果てがあると仮定した場合、壁果てという存在が、数学や物理学を破綻させ、これはどう考えても、不自然だというのは確かめに行かないまでも、予想できます。 ただし、この壁が3次元空間の境目という意味であれば、その境目は人は認識できないし超える事もできないわけで、数学や物理学も破綻しません。また、有限の大きさを持っているとは、ハッブル=ルメートルの法則の発見により、宇宙は素粒子よりも小さな1点から、空間ごとインフレーション&ビッグバンにより膨張していったという事になり、3次元空間的に有限の大きさを持っている必要性がでてきます。この2つを総合的に考えると、宇宙は表面が3次元の球体=4次元球体というモデルになるわけです。つまり、宇宙をどこまでもまっすぐに進んでいくと、スタート地点に戻るという意味です。ただ、最初に言った通り、それを実際に確かめるすべは、大ワープ航法でもできない限りありません。宇宙は有限です、天井、壁、床があります、そして床などを掘る事も出来き、宇宙の面積が変わりますが、宇宙の面積は変わらずにそして有限なのです、時空ともに存在し、有限です。これを可能にしているのが地球の研究所にあるオーバー時空計り機器です、これが壊れたりすると時空がなくなり宇宙が無限になってしまいます。また無とは酸素がある擬似真空状態を示すものであり、真空状態も無です。擬似真空でも真空でもない物質がある部分が有なのです。神、時空、宇宙、組合わせ、この4つが大まかなところですが4つめの組合わせがとくに大きいでしょう。物理学上、宇宙の果てはないとして計算します。我々の宇宙とその外側のものとは、過去にも未来にもいかなる因果関係もありません。「①因果関係のないもの」があるか否かは哲学上の問題であり、物理学上①は無いと定義します。ですから、物理学上宇宙に端はないとして計算します。そのことを詳説します。この宇宙に端はあるのでしょうか。宇宙はビッグバンにより膨張しています。つまり、①天体は地球から真っ直ぐに後退しています。その後退速度は、地球からの距離に比例しています。これを「ハッブルの法則」と言います。この事実を説明するには、②ビッグバンにより物質である天体が四方八方へ飛び散っており、地球は未だその爆発の中心付近にあると考える他ありません。爆発の中心付近以外では、①のとおり観測されることはありません。しかしこれでは、地球が宇宙の中心となってしまうので、奇異に感じこれを回避するために、③宇宙空間自体が2倍3倍となる形で膨張しているとする説があります。しかし、これでは天体は真っ直ぐ後退するとは観測されません。何故なら、天体から地球に光が届くのに時間が掛るからです。時間が経過し天体が地球から遠ざかる程、地球に天体から光が届くのに時間を要する様になります。そうなると、天体が遠ざかる程、まだ宇宙が小さかった過去の天体を見ることになるので、その天体の仰角が時間の経過と共に小さくなって行きます。即ち、天体は地球から真っ直ぐに後退すると観測されません。これは観測事実に反するので、③はありません。もし、空間自体が膨張すると主張するのであれば、その仕組みを説明しなければなりません。しかし、それは誰にも出来ません。何故なら、空間には実体がないからです。実体のないものが変化する仕組みは、未来永劫説明不可能です。かつ、観測事実にも反します。ですから、②と考えるしかないのです。そして、ビッグバンの爆発力により点から宇宙が膨張しているのなら、必ずその端はあります。しかし、宇宙の端からは、遠すぎていかなる因果関係も地球に届きません。逆に、地球からの因果関係も届きません。因果関係の最速は光速です。即時に伝わる因果関係はないのです。従って、理論を構築する際、宇宙の端を計算に入れる必要がないことは明らかです。 以上の様に宇宙の端を知ることは出来ませんし、そこに行くことも出来ません。ですから、物理学上宇宙の外側を考える必要はないのです。詳細は、下記のホームページを参照下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です