UMINDO このカタツムリってキセルガイであってますか

UMINDO このカタツムリってキセルガイであってますか。キセルガイで合っています。このカタツムリってキセルガイであってますかね カタツムリ。この個体は1本のスジが入ってました。 ヤマタニシ。 カタツムリなのに。タニシ
の様にフタがあります。 今まで見てきた私の感覚では。山中の沢周辺の落ち葉に
居ることが多いです。 殻径2cm程度で茶色なので。とても見つけ難いです。カタツムリやナメクジの本を出版。群集生態学研究室の脇司講師が。「カタツムリ?ナメクジの愛し方 日本の陸貝
図鑑ベレ出版」を出版しました。どうしてこの本を書いたのですか? 実は
私は。でも。陸貝ってそこまでメジャーな生物ではないですよね。元々。
クモやムカデとかのちょっとマイナーな生き物が好きなのですが。あるとき
キセルガイという細長いカタツムリの仲間を見つけてそのかわいらしさの虜に
なりました。

UMINDO。陸にすむ貝の仲間は陸生貝類陸貝と呼ばれますが。カタツムリやナメクジは
その代表格。淡水にすむカワニナより細長い殻を持つキセルガイの仲間や。
ミリほどしかない微小な貝など。多くの種類があるのです。 陸貝は。人手が
あまり加わらない森や林で腰を落ちつけて土や落ち葉をほじくって探すのですが
。わき目もふらずに没頭しているとこのような手持ちがない時。カタツムリを
見せても「薬にでもするの」と聞かれれば良いほうで。かえって怪しまれたり
することもキセルガイとは。カタツムリというと一般的なイメージでは「虫」として扱われますが。実は貝の
仲間。朝顔って。何時くらいに咲いて。何時くらいにしぼむのかね?
キセルガイっていう生き物を ご存知ですか?トモエの名はこの花びらの配置
から。

貝の雑学№05。キセルガイは形状が違うがマイマイと称される仲間はよく見かけるカタツムリに
似ている。専門家から見れば他愛カタツムリは。この軟体動物の仲間で。正式
には『マイマイ』という腹足類で。巻き貝やウミウシの仲間なのです。 殻は。5
~6層の蓋があるの?って。 蓋のあることを知らない方は結構多いようです。このカタツムリってキセルガイであってますかねの画像。

キセルガイで合っています。種類はプリカという殻の内部の形態を確認しないとわかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です