血液事業の現状とこれから 日本赤十字社の調査よる血液製剤

血液事業の現状とこれから 日本赤十字社の調査よる血液製剤。ご指摘通り、血液製剤は高齢者の患者さんに多く使用されています。献血ついて質問 日本赤十字社の調査よる血液製剤の約85%50歳以上の患者さん使用されて かなら、テレビCMで、小児や若年層の患者さんモデルて 少古い、羽生結弦選手出演されたCMそうよね 日本赤十字社、なぜ圧倒的少数派取り上げた呼び掛けするのでょうか パーセンテージ言って、高齢者医療舞台するべきでないでょうか 血液事業の現状とこれから。日本赤十字社|活動内容?実績を知る|血液事業|血液事業とは|血液事業の
現状とこれから輸血用血液製剤や血漿分画製剤の多くは高齢者の医療に使われ
ており。輸血用血液製剤を使用されている方の約%は歳以上の方々です。
一方で。献血いただいてこのため複数の献血者の血液をあわせて一人の患者
さんに輸血するほど。副作用発熱。発疹など発生の可能性が高くなります。

献血された血液ってどうなるの。輸血用血液製剤赤血球。血漿。血小板として使用されるほかに。血漿中の
特定のたんぱく質を抽出?精製した血漿分ただし。患者さんに起こった副作用
の原因を調査するために。献血された方に再調査や再採血などへのご協力を
お願い

ご指摘通り、血液製剤は高齢者の患者さんに多く使用されています。高齢化で今後はさらに需要が高まると予測される一方、少子化により献血可能人口は下降の一途を辿っています。私は献血によく行きますが、若い人よりも40代以上の方をよく見かけます。統計を見てみると、若年層の献血率は少子化率以上に低下しているそうです。年配の方は次第に献血ができない年齢になっていくし、病歴や健康状態で献血が断られるケースも多くなります。やはり、若い人に早くから献血に関心を持ち、協力してもらわなければ今後大変なことになるのです。ですから若い人の関心を集めるためには、高齢者より小児や若年層の患者さんやイメージキャラクターを採用した方が効果があると思ったのではないでしょうか。少子高齢化社会での日本国の事実は本当であり、更に!今後での年数増加で、更に!高齢化と少子化の差の増加現在、献血をしている常連組の者&方でもね。年数増加で年齢増加 高齢化になって来るし 三大?生活習慣病等になって、献血NG!となる常連組も増加先手必勝!布石関連!若者世代で 若い!有名なアイドル等を採用!または、地元での地方での 地元の御当地アイドル?等を献血PRに採用?などの増加 動き&流れ!